韓国で最高視聴率28.4%を叩きだした感動家族劇!
ヒロインが複雑な家族問題に立ち向かいながら、テレビ業界で切磋琢磨して行き、
確かな愛を見つけて行く全135話の感動大作。
ヒロインは、「シンイー信義ー」で好演し、賞賛を浴びたパク・セヨン。
OSTも人気で絶賛発売中


こんにちは!ショウコです!
ジュヒももしかしたらセヨンが自分の娘なのでは…
と考えたときもあったのですが、
イェリンとミファの計画に邪魔されてしまいましたね。
もしも邪魔されていなければ、
今頃本当の親子の再会が果たされていたはずなのに。
ジュヒとセヨンはお互いが家族だという事実を
知る事ができるのでしょうか?!
では続きをどうぞ。
「天まで届け、この想い」
25話
セヨンに仕事で何があったのかを知ったジェソン。
いつもは優しく守ってばかりだったジェソンだったけど、
セヨンの為を思ってあえて仕事上のアドバイスをするジェソン。
愛情を感じますね。
イェリンはセヨンを蹴落として自分をさらによく見せる事に大成功。
誰もイェリンの本当のあくどさをわかっていないんですね。
そんなことは関係なく、ジェソンはセヨンの事を支えたいと
心から思っていました。
その気持ちをストレートに伝えるジェソン。
セヨンもきっとまんざらじゃないんですよね。
嬉しそうなんだけど、今は自分のせいで仕事に支障をきたしてしまった事を
精算しようと努力している最中、、、
とはいえ、幸せそうな二人です^^
でもセヨンのおばあさんは、
セヨンとは身分の違いすぎるジェソンとの交際には
賛成はできないと言います。
セヨンでは不釣り合いだと思っているんですね。
身分の差はやるせないですね…
そのことを言われたセヨンは、自分の気持ちを押し殺して
ジェソンの気持ちは受け取れないと言ってしまう。
26話
みんながジェソンの家に集まっている時、
ジェソンのおじいさんは唐突にイェリンとジェソンを夫婦にしようと言い出す。
ジェソンの母親はつくづくイェリンの事が気に入りません。
もちろんジェソン自身も何も聞かされていなかったため
父親に憤慨します。
ジェソンの気持ちを知ったセヨンの父親。
親の立場からしても、ジェソンの家に嫁いでもセヨンは
幸せにはなれないはずだと賛成してもらえない。
セヨンと二人で話そうとしても、
イェリンのことを引き合いに出されて追い返されてしまいます。
ジェソンはとうとうミスクに、
彼女はいなくても想っている相手がいるということを話してしまう。
そもそもジェソンの母親のミスクも、イェリンの母親のジュヒも
二人が夫婦になる事は反対でした。
しかしとうとうイェリンはジェソンはセヨンのことが
好きだという事を知ってしまう。
27話
ジェソンの母親は、息子が想いを寄せている相手はセヨンだという事を知る。
もちろんそれには反対だ。
セヨンは、仕事に支障がきたしたりこれ以上厄介な事にはなりたくないばかりに
ジェソンへの気持ちを押し殺すしかなかった。
冷たくして、ジェソンを突き放す事しかできないセヨン。
セヨンは自分の身分をはっきりさせないとジェソンとは
進む事はできないと思い、
本当の母親を確認したいと思うように。
そのことを知ったジョンヒョはミファを説得しようとするのですが、
ミファがジョンヒョの言う事を飲む訳ありませんよね…
そんなセヨンの気持ちなんて知らないジェソンは、
イェリンの計画通りに動かされていますね。
男って単純です、、
今日の感想
イェリンと一緒にいるジェソンを見るたびに
胸が締め付けられるセヨン。
ジェソンはイェリンの策略なんて知りませんからね。
にしても、、って感じはありますけどね。
ジュヒに早くセヨンが自分の娘だということに
気付いて欲しいですね><