韓国で最高視聴率28.4%を叩きだした感動家族劇!
ヒロインが複雑な家族問題に立ち向かいながら、テレビ業界で切磋琢磨して行き、
確かな愛を見つけて行く全135話の感動大作。
ヒロインは、「シンイー信義ー」で好演し、賞賛を浴びたパク・セヨン。
OSTも人気で絶賛発売中


こんにちは!ショウコです!
ジュヒとセヨンの親子関係は修復されないまま、セヨンは自らの意思で
勤務先を変更してしまいましたね。
これでよかったのかな…
でもセヨンは誰の意見も聞き入れようとはしませんでしたからね><
きっとセヨンにも何か考えがあってのことなんでしょうけども。
これからセヨンとジュヒ、それにイェリンとミファ親子も
どうなってしまうのでしょうか。
では続きをどうぞ。
「天まで届け、この想い」
34話
セヨンの父親はジュヒのところに行って、
全てはセヨンが決める事だが、お互いが良い関係でいる事を
望んでいる事を話した。
ミスクはジュヒに話をしにいくのだが、ジュヒはとりあわない。
そんなジュヒに呆れたミスクは、ジェソンにセヨンとの仲も
反対だと言い出した。
しかしジュヒは突然具合が悪くなって病院へ。
そして緊急手術を受け意識が戻らない状態に。
イェリンはもちろんセヨンには絶対に知られまいとしていたのだが…
セヨンのいる現場まで出向いてジュヒのところに行くように言うのだった。
35話
セヨンとジュヒのことで、セヨンの家族もジュヒの家族も
さまざまな感情が入り乱れています。
でもセヨンがイェリンと一緒に暮らすのには無理があると思うのですが…
そんな中、ジェソンはセヨンのことを一生大切にすると誓う。
セヨンもそんなジェソンの気持ちに素直に応じます。
やっぱりセヨンのことを扱えるのはジェソンだけなのかも。
しっかりセヨンを支えて、道を記してあげて欲しいですね。
お互いの家族にこのことを報告したセヨンとジェソン。
ジェソンの母親は、もしもジュヒがセヨンをヨンジュとして、
娘として育てていくのならジェソンの妻に迎えてもいいと言った。
ジュヒはセヨンの件でもう一度セヨンの家族のもとに話をしにいく。
しかしジンサはセヨンを手放す気はないと…!?
36話
ジュヒのセヨンを引き取る代わりに何かさせてくれという発言が気に入らなかったジンサ。
セヨンのことを何だと思っているんだと憤慨しています。
ジェソンはセヨンと結婚する為にも、形だけでもジュヒの娘に戻らないかと
セヨンを説得しようとするのですが、
家族からジュヒがした事を聞いたセヨンは失望しています。
さすがはジュヒの娘セヨン。
仕事とプライベートはしっかりと分けて、ジュヒと仕事をすることを決心します。
セヨンはジョンヒョがイェリンと同じ場所で過ごして来た事を知りました。
しかしミファのことはまだ知りません。
まさかミファとイェリンが実の親子だなんて。
今日の感想
セヨンとジェソンが結婚を希望した事で、
ジェソンの叔父と結婚した、セヨンの姉のイルヨンも家では大変な思いをしているみたい。
それを受けて、セヨンには何も非がないのはわかるけど
ジュヒの事が相当嫌になってしまった様子。
ジュヒもどうしていいのかわからないのだろうけども、
金銭の話を出したのはさすがにまずかったですよね…
セヨンは家族も大切にしたいし、
今自分の事を誰よりも大事にしてくれるジェソンのことだって
手放したくはないはず…
すべてがうまくいく方法なんてあるのでしょうか??