韓国で最高視聴率28.4%を叩きだした感動家族劇!
ヒロインが複雑な家族問題に立ち向かいながら、テレビ業界で切磋琢磨して行き、
確かな愛を見つけて行く全135話の感動大作。
ヒロインは、「シンイー信義ー」で好演し、賞賛を浴びたパク・セヨン。
OSTも人気で絶賛発売中


こんにちは!ショウコです!
とうとうイェリン大ピンチ!?
セヨンに言い寄って自分からこれまでの悪事を暴露しているところを
みんなに見られてしまいましたね。
これもまたどうにか切り抜けようとするんでしょうけど、
さすがにもうイェリンの本性がぶちまけられていますからね。
テジュンはとっくに見抜いていましたけどね。
イェリンはどうなってしまうのでしょうか。
では、気になる続きをどうぞ。
「天まで届け、この想い」
64話
さすがに今回の件は弁解のしようがありませんね。
ジュヒはイェリンがまさかこんな子だなんて全く疑っていなかったから
衝撃が大きかったでしょう。
昔イェリンのことを好きだったジョンヒョはイェリンの為に
セヨンにいろいろと隠していた事をイェリンが暴露してしまい
テジュンもそれを知って衝撃を受けます。
それでもセヨンはジョンヒョとの交際を辞めようとは思いません。
しかし母親であるジュヒはこれを知って憤慨していますね。
二人は諦めないし、テジュンもジュヒの説得に真剣です。
これまでの悪事に不覚反省したイェリンは自ら会社からも家族からも
離れる決断をします。
65話
テジュンは、ジョンヒョとの関係を修復できた事で
本当にセヨンに感謝しています。
でもテジュンは重い病にかかっている様子。
そのことをセヨンは偶然知ってしまいます。
きちんと医者の傍にいる音を薦めるセヨンに、
テジュンはもう覚悟はできていると言います。
それよりも残された時間をジョンヒョとセヨンといることを
望んでいるんですね、、、
ドンウクとギウンは相変わらず周囲に反対されていますが
二人は仲良くやっていますね。
家族の許しが得られなかったとしても、
生涯一緒に過ごす事を決めたようです。
今日の感想
やっとジョンヒョは父親とのわだかまりを消す事ができて、
セヨンとも三人仲良くやっていたのに、
テジュンが生きられるのは残りわずかだなんて…
イェリンはこれまでの責任を感じて姿を消してしまいましたが、
みんなはこれまで通り一緒にいようと説得します。
でもイェリンはそのまま行き先がわからなくなってしまいましたね。
もうドラマも終わりなってしまいますが、
それぞれの結末は??