韓国ドラマ-天使の罠(天上女子)-あらすじ-詳細-20話~26話-最終回までネタバレあり。感想、キャスト情報。相関図や動画はDVD,YouTubeで要チェック!


おてんば修道士イ・ソンユが悪魔へと変わっていく。その姿を演じるはユン・ソイ。
その女に無償の愛を注ぐ男ソ・ジソク役を演じるはクォン・ユル。
そして、パク・ジョンチョルは、成功の為にソンユの姉のジンユを捨てた男、チャン・テジョンを演じる。キャスト陣にも注目!
20話
タルニョ(イ・ウンギョン)はプンホの見舞いのために病室を訪ねた。ソニュ(ユン・ソイ)に会って、テジョン(パク・ジョンチョル)の結婚をそっとしておいてほしいと言う。そこへやってきたジヒ(ムン・ボリョン)が二人のやりとりを見たのだが…。ソニュを呼び出したジヒは、テジョンとソニュの関係について聞く。そこにやってきたテジョンは、ソニュの話は全部嘘だと言い切る。だが、ジヒは疑いのまなざしを送る…。
21話
タルニョ(イ・ウンギョン)を訪ねたソニュ(ユン・ソイ)。プンホの告訴をテジョン(パク・ジョンチョル)が取り消すように説得することを依頼する。 テジョンから離れることにしたジヒ(ムン・ボリョン)。「これ以上信頼できないので、結婚はしない」と告げる。ジヒはテジョンから何度もかかってくる電話に出ない。そして、姿を消す。焦るテジョンの視線は震える…。
22話
ジヒ(ムン・ボリョン)はソニュ(ユン・ソイ)の話は全て偽りだと感じる。そこで、今まで信じることができず疑ったことを謝るために、テジョン(パク・ジョンチョル)を訪ねる。数日後、タルニョ(イ・ウンギョン)はテジョンの結婚式式場のロビーに入って来るプンホを見つけて驚く。プンホは結婚式を邪魔するためにやってきたのだ…。
23話
ソニュ(ユン・ソイ)とジソク(クォン・ユル)は結婚式場で偶然に再会した。ジソクのいたずらっ子のような口調に、久しぶりの笑みを浮かべるソニュだったが…。済州島での新婚初夜、ジヒ(ムン・ボリョン)の髪を洗うテジョン(パク・ジョンチョル)。幸せそうに笑いながら、最も大切な存在にお互いなろうと誓うジヒだったが・・・
24話
ジソク(クォン・ユル)が家を出て行く。その夜、ジソクの事務室で契約書を変えようとするテジョンだったが…。ジソクは外国に行く前に、ニュ(ユン・ソイ)を訪ねる。「今日が最後だと思って顔を見にきた」と言いながら、苦しそうに顔をゆがめながらも微笑んで見せるが…。
25話
テジョン(パク・ジョンチョル)が換えた契約書にはサインできないと言う投資家。さらに、ジソク(クォン・ユル)に直接説明させろと言い帰ってしまう。テジョンはコン会長から投資家の件を任されたことで、喜びの笑みを浮かべる…。ソニュ(ユン・ソイ)はプンホの粉食店で必要になったお客さんの治療費や、プンホの病院費でお金が必要になる。姉ジニュ(イ・セウン)の通帳を見て決意する…。

粉食店が修羅場になってしまう。そこに急いで駆け付けたジソク(クォン・ユル)。ニュ(ユン・ソイ)に対する同情から、まっさきに整理を始める。プンホが退院する日、ジソクは車でソニュの家族を送るが…。入院費を稼ぐためソニュは、かなしい気持ちで飲み屋に入り・・・