韓国ドラマ-天使の罠(天上女子)-あらすじ-詳細-40話~46話-最終回までネタバレあり。感想、キャスト情報。相関図や動画はDVD,YouTubeで要チェック!


おてんば修道士イ・ソンユが悪魔へと変わっていく。その姿を演じるはユン・ソイ。
その女に無償の愛を注ぐ男ソ・ジソク役を演じるはクォン・ユル。
そして、パク・ジョンチョルは、成功の為にソンユの姉のジンユを捨てた男、チャン・テジョンを演じる。キャスト陣にも注目!
40話
ジヒ(ムン・ボリョン)はジソク(クォン・ユル)とソニュ(ユン・ソイ)のキスシーンを目撃。ソニュに「ジソクを騙すな」と忠告するが、ソニュはジヒのうその暴露で仕返しし、取り合おうとしない。 気持ちが落ち着かないジヒはソニュの日記を盗み、その日記にこっそり一枚の写真を入れたが…。
41話
ソニュ(ユン・ソイ)を追い出すためにジソク(クォン・ユル)に日記に入れた写真を見せるジヒ(ムン・ボリョン)。ソニュの告白を疑い始めるジソク。そんなジソクに、ジヒは、ソニュがわざと起こした事故について、監視カメラ映像まで見せソニュの本性を知らせる。ジソクはソニュへの信頼の気持ちがなくなり、苦しみながら酒を飲んでソニュを探すが…。
42話
冷たくなったジソク(クォン・ユル)の態度に困惑するソニュ(ユン・ソイ)。ソニュの本心を問い詰めるジソクに、ソニュは返事が出来ない…。ジソクの心を揺さぶろうと、ソニュがわざと起こした事故について監視カメラの映像を見せるテジョンとジヒ。二人の姿に怒り、ジソクの家に訪ねるソニュだったが…。
43話
ソニュ(ユン・ソイ)は訪ねて行ったジソク(クォン・ユル)の家で、驚いて飛び出してきたテジョン(パク・ジョンチョル)と会う。怒ったテジョンは、これまでことを持ち出してソニュを責め続ける。そのテジョンの言葉を録音したソニュ。テジョンに聞かせる。ジヒにすべての過去を知られるのではと不安でたまらないテジョン。そこで、ソニュのいうことをきくことになり…。
44話
テジョン(パク・ジョンチョル)はソニュ(ユン・ソイ)の指示通り視カメラ映像の日付を変える。ソク(クォン・ユル)はまったくジヒの話を信じなくなる。ソニュにもてあそばれたテジョンとジヒ。ジソクの初恋の人、ウンスを探し出そうとするが…。
45話
ジヒ(ムン・ボリョン)はニュ(ユン・ソイ)に平手打ちされ、悔しがる。ジソクはソニュに謝罪を要求する。ソニュはジソクに正直な話しができないで、誤解だけが重なっていく。ジソクの初恋の人ウンスを韓国に呼んだテジョンとジヒ。ソニュを訪ね、心にもない謝罪をするジヒだったが…。
46話
ウンス(ク・ウネ)を本社に呼んだテジョン(パク・ジョンチョル)。ソニュを追い出す計画をたて、、ジソク(クォン・ユル)と同伴出国を約束する。ソニュの存在を知ったコン会長。ジソクから離れてほしいと頼む。ソニュはジソクの本社入りを助けたいと申し出ることで、時間稼ぎをする。ジソクのレストランでソニュに会ったウンス。そこで、酔ったふりをして、ジソクに電話をするが…。