韓国ドラマ-天使の罠(天上女子)-あらすじ-詳細-68話~73話-最終回までネタバレあり。感想、キャスト情報。相関図や動画はDVD,YouTubeで要チェック!


おてんば修道士イ・ソンユが悪魔へと変わっていく。その姿を演じるはユン・ソイ。
その女に無償の愛を注ぐ男ソ・ジソク役を演じるはクォン・ユル。
そして、パク・ジョンチョルは、成功の為にソンユの姉のジンユを捨てた男、チャン・テジョンを演じる。キャスト陣にも注目!
68話
ソニュ(ユン・ソイ)とジソク(クォン・ユル)はコン会長から結婚の許しを受ける。そこで幸せを感じながら、結婚の準備を始める。
一方で、結婚をさせまいと努力をするテジョン(パク・ジョンチョル)とジヒ(ムン・ボリョン)。ジヒはコン会長に結婚は反対だと言って、コン会長に拒否される。テジョンはプンホの店でギジンと言い争う。ソニュからテジョンのボタンを渡され、戸惑いを隠せないジヒ。すぐにテジョンの車を探すが…。
69話
挨拶のためにプンホ家を訪れたジソク(クォン・ユル)だったが、プンホに強く反対され、がっかりしてしまう。ソニュ(ユン・ソイ)の幸福を願うほかの家族は、顔合わせ続けさせる。ジヒはテジョンがジソクの事故にかかわったのを知った。嘘ばかりを重ねるテジョンとの間に、気持ちの溝ができていく…。ジソクはピザ屋に立ち寄り、顔合わせに連れて行くこうとしたプンホから、ソニュの話を聞くことになった…。
70話
テジョン(パク・ジョンチョル)は嘘を重ねてジヒ(ムン・ボリョン)の疑いから気持ちをそらそうとし、けんかになってしまう。ソニュ(ユン・ソイ)に結婚前にまずジソクに話していない事を全て話せと言うプンホ。顔合わせに参加しないとも宣言する。ソニュの愛とジソクの傷を心配し、そっとしておくほかの家族。テジョンは顔合わせの場を見つけ出す。テジョンと家族はバッタリ会い、互いの悪い感情を隠したままで結婚話を進めるが…。
71話
結婚式を挙げたソニュ(ユン・ソイ)とジソク(クォン・ユル)は、幸せそうに新婚旅行に出発する。テジョン(パク・ジョンチョル)が結婚式で見せた図々しい態度に怒るソニュの家族。テジョンとヒョンスの癒着関係を明らかにするために尾行を続けるギジンだったが…。ジョンがついたたくさんの嘘に捕まってしまった自分の境遇を悲観するジヒ。言い争いが頻繁になっていく…。
72話
妊娠したかもしれないと、産婦人科に行ったテジョン(パク・ジョンチョル)とジヒ(ムン・ボリョン)。予想に反し、医師から子宮内膜癒着が激しく、妊娠は無理かもしれないと言われ、ショックを受ける。新婚旅行から帰ってきて、家族と会ったジソク(クォン・ユル)とソニュ(ユン・ソイ)。家族と幸福な時間を過ごしている時に、テジョンとヒョンスが頻繁に争っていること、お金が行き来していることを、ギジンから聞くことになり・・・。
73話
ジヒ(ムン・ボリョン)とテジョン(パク・ジョンチョル)が本家で一緒に暮らせるように、家族が皆集まった席で懇請するソニュ(ユン・ソイ)。本家に聞きに行こうとするテジョン。テジョンのそのような図々しい態度に失望するジヒ。コン会長に本家には入らないと言い、背を向けてしまう。手術後の経過を聞きにジヒは産婦人科に行くが、そこで、ショックを受ける事実を聞いてしまい…。