帝王の娘スベクヒャン(守百香)-概要-BS朝日で放送中!あらすじや全話・相関図を最終回までお届けいたします。過去の最高視聴率は11%を越え!
こんにちは!ショウコです!
いよいよユン王が、スペクヒャンがソルランだということを知りましたね。
ソルランはスペクヒャンとして、王の娘となり
ミョンノンとの事は諦める運命なのでしょうか><
せっかく、やっと親子の対面が叶うというのに
同時に愛する人を失うのはとても悲しい事でしょうね…
ソルヒはいつになったら自分のしている事の汚さを理解するのでしょう、、
もう自分をしっかり受け止めて、ソルランの事を見守っていて欲しいですね。


「帝王の娘スベクヒャン(守百香)」
106話
自分のせいでクチョンがこの世から去った事を
ソルランから初めて聞いたソルヒ…
悲しみのあまり、自らこの世から消えようとするも失敗する。
だが、ソルヒのこれまでの思い出は何一つ忘れ去られていた。
ソルランがスペクヒャンだと知ったユン王は、
本物の娘をみんなに公表し、ソルランはスペクヒャンとなった。
そして、ミョンノンとはこれっきりにしようと決める。
107話
悩んだ末、ソルランは王の娘としての自分を受け入れなかった。
何も覚えていないソルヒと一緒に新しい人生を送る事を決心する。
ユン王はこの世から去る間際に、後継者にミョンノンをと言い残す。
言葉の通り、ミョンノンが新しいペクチェの王となった。
今日の感想
まさかソルヒが全てわすれてしまうなんて…
しっかり反省して欲しかったと言う気持ちもありますが…
これでいいのでしょうね。
そしてソルランはそんなソルヒと第二の人生を選んだのですね。
ミョンノンとは結ばれる事ができなかったのがなんだか切ないですが><
いよいよ次回最終回、どんな結末になるのでしょうか。