帝王の娘スベクヒャン(守百香)-概要-BS朝日で放送中!あらすじや全話・相関図を最終回までお届けいたします。過去の最高視聴率は11%を越え!
こんにちは!ショウコです!
チンムの化けの皮がはがれてしまいましたが…
今後チンムの立場はどうなってしまうのでしょう。
そしてチンムの立場がなくなってしまえば、ソルヒの計画も台無しに。
ソルランは全てを把握した上で、
ユン王に自分が本当の娘であると告白しないのでしょうか。
ミョンノンとの関係を大事に思う気持ちはわかるけど><
さて、気になる続きをどうぞ。


「帝王の娘スベクヒャン(守百香)」
94話
ソルヒがマックムに証言させたことは、ユン王についても不利な物だった。
自分の事しか考えていないソルヒのこの一つの行動で、
周囲の人間みんなが深刻な状況となった。
ソルランは、チンムと一緒にチェファ達を襲った男達を公表する。
そして、彼らはチンムの命令で動いていたことも明らかにした。
95話
ソルランが証言した事により、チンムは自分の罪を認めざるをえなかった。
チンムはユン王が、父親であるトンソン王を傷つけたから、
自分はチェファ達を襲ったのだと言った。
チンムの本当の父親は、目の前にいるユン王なのに…
ユン王は、責任を感じてチンムに重罪を課す事ができなかった。
しかしソルランは容赦しない。
96話
ソルランは、スニムンの所にいる間に自分がユン王の使いだとバレたのは
ソルヒのせいだったと言う事実を聞かされる。
そのことをユン王に言い、スペクヒャンをきちんと問いつめるべきだと
ソルランは主張したのだが…
ユン王は度重なるストレスにか、意識が遠のいてしまう。
今日の感想
実の親子であるチンムとユン王のこのシーンは本当に切ないですね…
この状況でも、ユン王はチンムに事実を告げる事はしませんでした。
ソルランもまた、ユン王に自分が実の娘のスペクヒャンだということを
明かしていませんが…ユン王は体調不良ですね。
ソルランは今後も事実を明らかにする為に全力を尽くすでしょう。
ソルヒはそんなソルランを止める事ができるのでしょうか。