韓国ドラマ-棘のある花-あらすじ-124話~130話(最終回)-高視聴率、テレビ大阪、BS11で放送!相関図、キャストあり。最終回まで目が離せない!動画、ラベル、DVD発売中!


「棘のある花」
「第124話」私は折れない!
シ二(ペ・グリン)が記者会見を開き、誰も自分のことをを信じてはくれないと言い潔白を主張するとヨンス(パク・シウン)は呆れてあっけにとられる。
一方、ドンフン(チェ・サンフン)はクムジャ(パク・ジョンス)が判事を買収してヨンスの刑量を重くしたことを知って嘆くのだった。
「第125話」ここで躊躇したりはしない
ヨンス(パク・シウン)はシ二(ペ・グリン)が父ジンテ(アン・ソクファン)を犯人として仕立て上げただけでは事足りず、証人まで出し始めたのを見てシ二を哀れに思う。
ジョンヒョン(チン・テヒョン)は、自分が今までドンフン(チェ・サンフン)のことを誤解していことを悟り、企んでいた陰謀を実行しないことを決意する。
「第126話」うちの父が痴呆ですって!
シ二(ペ・グリン)はジンテ(アン・ソクファン)が痴呆を病んでいるという事実に衝撃を受け、自分の記憶がなくなる前に犯人だと自白したと聞き涙を流す。
一方、チョルジン(キム・ドンギュン)はシ二にお金を出せと脅迫を続けていたが。見知らぬ人に拉致され・・・
「第127話」僕たちもう一度始めることはできないかな・・・?
ジョンヒョン(チン・テヒョン)はシ二(ペ・グリン)が突進していった車からヨンス(パク・シウン)を救おうとしたが負傷する。 シ二はひき逃げをしたのだが、監視カメラを通してジョンヒョンが事故に遭ったことを知りどうしていいか分からなくなる。
ヤンスン(クム・ボラ)は療養院にいるジンテ(アン・ソクファン)を訪ねて行き言葉を交わし、痛ましさを感じるのだが・・
「第128話」ヨンスへの思いは 本心?
もう一度始めたいからチャンスをくれというジョンヒョン(チン・テヒョン)の告白に、ヨンス(パク・シウン)は慌てるが冷静に断る。その場にいたジュウォン(イ・ジェファン)は心苦しくなり・・・
一方、ジョンヒョンはウンソンにとって良い父になろうと決め、ヨンスを諦めようと決心するのだが・・・
「第129話」いつまでそうやって逃げ回る?
チョルジン(キム・ドンギュン)が自白したと聞くと、シニ(ペ・グリン)は不安でどうしようもなくなる。ジョンヒョン(チン・テヒョン)はシ二が事故を偽装し、ヨンス(パク・シウン)を殺そうとしたことを知り、シ二に自首を勧めるのだがシ二は逃げる。
ジョンヒョンは秘密資金横領に関する罰を受けることを決心し、自首する。
「第130話」もう 自首しよう・・!
シ二(ペ・グリン)がウンソンを助けて車にはねられ亡くなると、ヨンス(パク・シウン)は悲しみに押しひしがれる。
クムジャ(パク・ジョンス)はジョンヒョン(チン・テヒョン)がいない家でゆったり過ごす資格はないと言い、ドンフン(チェ・サンフン)に別れを告げ、ジンテ(アン・ソクファン)は本能的にシ二が死んだことを悟り、自分も海に飛び込む。