韓国ドラマ-Dr. JIN-あらすじ-詳細-10話~15話-視聴率では人気ドラマ「紳士の品格」に及ばずも、ソン・スンホンをキャストに迎え人気を得たドラマ。最終回まで必見!主題歌、DVD、ラベルもお楽しみください。キャスト相関図はオフィシャルにて。


「Dr. JIN」
「第10話」
違います!私じゃない!
脚気で倒れたヨンレの母のために、ミナと一緒に作ったことがあるドーナツを作るジン・ヒョク。ハウンはチョ大妃の宴会の準備真っ最中で、ヨンフィはギョンタクを訪ねて行ってごめんなさいと言葉を残す。
味も良く、体にも良いと噂になったドーナツはチョ大妃の宴会の献上品として上がることになり、ドーナツを食べたチョ大妃は首をかばって倒れてしまい…
「第11話」
ダメだ!こんな風に死んではいけない!
チョ大妃を毒殺しようとして反逆を試みたという罪名でジン・ヒョク、ハウン、ヨンレは絞首刑に処されることになる。ヨンフィはギョンタクを訪ねて行ってヨンレを助けて欲しいと頼むが、ギョンタクは努めて冷たく接する。
一方、チュンホンは三人の運命に関して両刃の剣であるその人の手にかかっているという妙な占卦を出すのだが…
「第12話」
私が… 一体何をしたというのだろう?
全州に騒動が起きるとすぐにギョンタクに騒ぎの鎮圧を任せ、大騒ぎを収拾するよう命じるビョンヒ。目覚めたチョ大妃はハウンに都城に戻るよう命を降ろし、都城へ向かったジン・ヒョクとハウンはヨンレ一行に会うのだが…
一方、ヨンレは紆余曲折の末ヨンフィに会うことになるのだが…
「第13話」
言え! 全てを知っているじゃないか!
ジン・ヒョクは新任の内医院としてチョルジョンに会うことになり、ハウンはミョンボクをチョ大妃の養子として推薦する。
一方、ヨンフィの正体を知るようになったビョンヒはギョンタクに、一家を捉えて両班の身分を剥奪し、官奴婢とするよう命じる。これに対しギョンタクは、ビョンヒに最後のお願いをするのだが…
「第14話」
私が間違っていました。大したことではありません。
チョルジョンの手術の許諾を取り付けようとビョンヒの元を訪ねて行ったジン・ヒョク。ビョンヒは失敗した場合、極刑は免れないと警告する。
一方、ギョンタクとの婚礼を整えたヨンレは突然胸に痛みを感じ、ギョンタクはジン・ヒョクにヨンレの検査をお願いするのだが…
「第15話」
あなたを助けるまでは… どこにも行きません!
ヨンレが行けそうなところを隅々まで探し回ったジン・ヒョクとギョンタク。自らのアイデンティティに混乱したヨンレはより一層体の調子が悪くなり…
一方、ハウンは王の親戚が集まっている席で重大な発表をするのだが..!!