韓国ドラマ-夏の香り-あらすじ-詳細-1話~4話-「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が手掛ける、夏のほろ苦いラブストーリー。主演キャストはソン・スンホン。相関図で関係をチェックし、動画をお楽しみください!爽やかなDVDラベルもチェック!最終回までネタバレ注意!


「夏の香り」
「第1話」
天気雨に降られた大学の校庭、ミヌ(ソン・スンホン)は雨を避けるために建物の軒下に入るが、花束を抱えて雨を避けるウネ(チョ・シネ)と会うことになる。
しかしウネはミヌとの結婚式の日に交通事故で突然に亡くなる。
それから数年後・・・
フローリストとして明るく健康に過ごしているへウォン。恋人チョンジェ(リュ・ジン)を迎えに行った空港でミヌとすれ違う。
フローリストであるへウォンは先輩ジャンミとともに野生花の取材のため山へ向かい、ミヌもまた昔の恋人ウネとの思い出が宿る山へと向かう。
野生花よりも美男のコレクションの方に関心を寄せるジャンミ。絶えずカメラのシャッターを押しまくる。ますます道が交錯して行く二人。
山の中でジャンミと別れたまま道に迷ってしまったヘゥオン。弱り目にたたり目で山道で滑り足を怪我してしまう。
そんなへウォンを救い出したミヌ。ミヌはへウォンを助け出し、道を探そうと努めるが突然降ってきた雨のために二人は足止めを食らってしまい…
「第2話」
「第3話」
二人は田舎のバスを逃すまいと懸命に走って行き、ギリギリで汽車の出発時刻前に駅に到着するが切符はすでに売り切れていた。
ミヌは降りる前にあらかじめ購入していた前売り切符をへウォンに渡して先に行けと言う。
電車の中でうっかり寝ついてしまったへウォンが目を開くと、目の前にミヌが乗っていた。ソウルに到着したへウォンは申し訳ない思いで今回作った借りは必ず返すと名刺を渡そうとしたのだが、プラットホームに居たチョンジェがへウォンに向かって手を振っており・・・
「第4話」
リゾートリノベーションの仕事を共にしようと進み始めたミヌとへウォン。ミヌはオペラのチケットを差し出して一緒に行かないかと尋ねる。躊躇したへウォンも友達だから一緒に行こうと.. ”友達”を強調して共に公演会場へと向かう。
チョンジェはへウォンが行きたがっていたオペラのチケットを手に入れへウォンに電話をかける。友達との約束があると言い逃れるへウォン。チョンジェは残念な思いをなだめ、チョンアと共に公演会場に向かうのだが…