韓国ドラマ-夏の香り-あらすじ-詳細-9話~11話-「冬のソナタ」のユン・ソクホ監督が手掛ける、夏のほろ苦いラブストーリー。主演キャストはソン・スンホン。相関図で関係をチェックし、動画をお楽しみください!爽やかなDVDラベルもチェック!最終回までネタバレ注意!


「夏の香り」
「第9話」
ジャンピングパークで二人だけの時間を過ごすミヌとへウォンの姿を見かけたチョンジェは、これ以上二人の関係を見て見ぬ振りはできないと考える。チョンジェはミヌの元を訪ねて行き、へウォン忘れてほしいと頼み、ミヌは心を痛めながらも思いを整理すると約束する。へウォンは自らの心がしきりにミヌへと向かって行くのを防ごうと努め、チョンジェに申し訳なく思う。
一方ミヌは気持ちにケリをつけるためへウォンと共に仕事をするのは止めようと決める。人々は引き止めるがチョンジェはミヌの決心を確認し安心する。
気を引き締めたミヌは工事現場で会ったへウォンに対しても事務的に接しようと努める。チョンアが計画した夜間のフォークダンスイベントでミヌに会ったへウォン。チョンジェと踊りながらもミヌとジャンピングパークで踊った記憶を思い出す。ミヌの思いを確認したチョンジェはへウォンと二人きりの旅行に出かけようと準備を始め…
「第10話」
一人で島へ向かったへウォンは台風のために帰ってこられなくなり、チョンジェとチョンアはそわそわする。へウォンのことが心配になりモーターボートを借りて向かったミヌはへウォンに会うが、へウォン態度は冷淡だった。内心ミヌの態度が有難くて嬉しいのだが..
チョンジェはミヌとへウォンが二人でいなくなったので不安に思うが、ミヌがリゾートに戻ったというデプンの話を聞きとりあえず安心する。ミヌはへウォンに内緒で休み場を用意し、そんなミヌの行動に感動して互いの思いを確認する。
翌朝、へウォンは戻らずミヌと共にいることにする。チョンジェに対する罪悪感はあるものの最後だと心に決めて…
チョンジェはへウォンを待ち、へウォンがあえて朝戻らなかったという事実を知り焦るのだった…
「第11話」
船着き場で船を降りるへウォンを苦しくも淡々と迎えるチョンジェだが、腹を立てたチョンアは絶対に許せないと言う。
一方デプンはミヌのために広がる噂について話し、これ以上出ていかないでくれと頼むがミヌは自分のためにへウォンが混乱しているのではないかと心配してへウォンに会いに行く。
ミヌは困ったへウォンを弁護しようとするが、腹を立てたチョンジェはミヌを殴りつける。チョンアは信じていた友人であるへウォンの裏切りを我慢することはできず、へウォンに会って兄チョンジェと別れることが両親への道理だと話す。
へウォンもまた、チョンジェやチョンアを心配させ苦しめたことへの罪悪感を消し去ることはできない。全てを忍び理解しようとするチョンジェにへウォンは別れを告げるのだが、チョンジェは絶対に受け入れようとはしない。ミヌはこれ以上リゾートの仕事を共にすることはできないと考え辞表を提出するが、チョンジェは事を終わらせるよう要請し辞表を破ってしまう。
チョンジェの父の誕生日に集まったチョンジェ家族とへウォン、チョンアは両親の目の前でチョンジェとへウォンは別れることにしたという宣言をし、腹を立てたチョンジェはチョンアと争い始めチョンジェの母はその渦中にへウォンとミヌが好き同士だとの話を聞いて衝撃を受け倒れてしまい…