韓国ドラマ-鳴かない鳥-あらすじ-詳細-36話~40話-母を殺害した犯人は!?オ・ヒョンギョン、ホン・アルム、キム・ユソクをキャストに迎えた。相関図で予習し、動画DVDをチェック!最終回までネタバレ注意。視聴率も好調!


「鳴かない鳥」
「第36話」
中国との取り引きが失敗に終わり、多額の違約金を払わなければならなくなったハニ(ホン・アルム)。お金が必要になりスヨン化粧品の持分を売ってどうにか会社を生かそうとするのだが… ハギョン(チェ・スリン)を通してハ二の持分を買い入れるミジャ(オ・ヒョンギョン)。ナムギュの委任状をハニより先に手に入れるためにまた他の計略を整える!
「第37話」
ハニ(ホン・アルム)に渡されなければならないナムギュ(キム・ユソク)の委任状!しかし、ミジャ(オ・ヒョンギョン)の素早い対応により委任状はユミ(ペク・スンヒ)に渡り、ハニとテヒョン(アン・ジェミン)はナムギュがスヨン化粧品の持分をユミに全部委任したと誤解するのだが…株主総会で助けて欲しいというハニの要請にユミは微笑を浮かべ、持分で力を育てたユミに、生まれて初めて全ての人の関心が集まる!
「第38話」
本当の母ミジャ(オ・ヒョンギョン)が計画的に自分に接触してきたという事実を知ることになったユミ(ペク・スンヒ)! ひき逃げ事件もまた操作であったという事実を知ることになり大きな衝撃を受け、委任状と共に潜伏してしまうのだが…一方、信じていたものがなくなったミジャ(オ・ヒョンギョン)はハギョン(チェ・スリン)を説得しテヒョン(アン・ジェミン)の持分にまで手を付けようとし、ハギョンを代表にすると約束する!
「第39話」
ミジャ(オ・ヒョンギョン)の計略により弱点が押さえられたチェ理事! 結局ミンハギョン(チェ・スリン)院長がスヨン化粧品の社長に就任するよう助力者を自任する。ハギョンがスヨン化粧品の社長になったとは信じることができないテヒョン(アン・ジェミン)。裏切りに包まれ、ナムギュ(キム・ユソク)に思いがけない事実を聞くことになるのだが…一方、ユミ(ペク・スンヒ)の意図的事故を利用してミジャはまた他の機会を捉える!
「第40話」
今まであった会社の危機状況は全てチェ理事とミジャ(オ・ヒョンギョン)の陰謀だったという事実を知り裏切りの気持ちに包まれたハ二(ホン・アルム)。泣きっ面に蜂で、ハギョンの社長就任と同時にユミ(ペク・スンヒ)が製品企画室のチーム長として任命されハ二の上司となる。一方、ナムギュの3回目の公判が目の前に迫り、無罪で解放されることを確信するのだが…