韓国ドラマ-2度目の二十歳-あらすじ-詳細-12話~16話(最終回)-チェジウ主演キャスト!ケーブルドラマでは高視聴率の6%を突破!相関図、DVD動画をチェック。最終回まで一気にネタバレ注意!


「2度目の二十歳」
「第12話」
鼻の先にいるヒョンソクを見てドキドキしてしまったノラ。ヒョンソクが祖母のトッポッキ店を守ってくれたことを知った後気持ちがさらに深くなる。
一方、ヒョンソクはノラの離婚公証を知りノラがこれまでどれ程骨を折ってきたかと心を痛め、ノラをキャンプ場に連れて行って慰める。そんな中、ノラはヒョンソクが自分の離婚公証を知っていたことを知りヒョンソクのすべての行動が同情だったのだと勘違いして事務室を止めるのだが…
「第13話」
自分がヒョンソクの初恋の人であったことを知ったノラ。ヒョンソクとノラ、二人の間の微妙な感情に気がついたユニョンはヒョンソクを訪ねて行ってノラが好きかと尋ねる。
一方、ノラからキム・ウチョルさんを持って行ってください!と言われたイジンはショックのあまり授業を休む。
イジンは、問い詰めようとウチョルを訪ねて行くが、私たちのプランは失敗したと言われて…
「第14話」
ウチョルと離婚したノラ。ミンスは苦しむノラの背を軽く叩いてくれる。
離婚後遺症で疲れ果てたノラは、ヒョンソクの事務室に出勤するが倒れてしまう。
一方、ウチョルが左遷され移動の準備をしていることを知ったイジンは裏切られたと感じ、ウチョルを陥れるための作戦を整えるのだが…
「第15話」
ノラに直球の告白をしたヒョンソクは、退くノラに’僕を好きではない’ことを証明しろと言い、それを口実に何度もデートをする。
一方、ウチョルは女子学生にケーキを渡す自分の写真を渡され、すべてが仕組まれていたことだと直感、真っ青になってイジンを訪ねて行くのだが…
「第16話」(最終回)
ウチョン大から自ら退いたノラ、スポーツもしながらドンチョルのトッポッキ店でバイトをしつつ一人暮らしの人生を楽しむ。
ある日、書店でヒョンソクに会い喜んで挨拶するのだが、ヒョンソクはノラのことが分からないようというかのようにヒュッと通り過ぎてしまいノラはショックを受ける。
少し後、祖母の誕生日の日、オクチョンに行こうとタクシーを待つノラの前に再びヒョンソクが現れるのだが…