韓国ドラマ-バラ色の恋人たち-あらすじ-詳細-1話~8話-最終回まで目が離せない!との感想続出!動画、ラベルはDVDにて。ネタバレもあり!キャストの情報もあります。最高視聴率は24.0%!!


バラ色の恋人たち
「第1話」
この結婚必ずしなきゃダメ?
チャドル(イ・ジャンウ)とチャンミ(ハン・ソンファ)は出会って100日記念として一緒に旅行に出発することにし、それぞれ旅行の準備でドキドキしていた。島で楽しい時間を過ごした二人は、チャンミがチャドルにプレゼントされたネックレスを失くしてしまい、それを探そうとして最後の船を逃してしまう。
一方、チャドルの兄カンテ(ハン・ジサン)は自分の映画が封切りし、3日だけで終わると言う便りを聞き惨めさを感じる。マンジョン(チョン・ボソク)とパンシル(キム・ヨンオク)、2人の母子はこっそりと金庫を調べ、クムジャ(イム・イェジン)が急に入ってくるとひどく驚き・・・
「第2話」
あなた、私の娘から離れない?!
セラ(ユン・アジョン)は結婚式場に来たシネ(イ・ミスク)を見て、我慢していた涙を流し、シネはそんな娘に申し訳ない思いで幸せを祈る。一方、クムジャ(イム・イェジン)はマンジョン(チョン・ボソク)が結婚式の祝儀金として5万ウォンを準備したと言うと、夫の度量の狭さに歯ぎしりする。
チャドル(イ・ジャンウ)は姉の夫の昔の彼女が結婚式場に乱入しようとするとこれを防ごうとして鼻血が噴出し、一騒動が巻き起こる。マンジョンとパンシル(キム・ヨンオク)はチャドルとガンテの装いを見て嘆き、スリョン(キム・ミンソ)とチャンミ(ハン・ソンファ)にあんなヤツらとくっつくなと言うのだった。
「第3話」
ジン・テシク氏 暴行疑惑で任意同行お願いします
チャドル(イ・ジャンウ)とチャンミ(ハン・ソンファ)が付き合っていることを知ったクムジャ(イム・イェジン)は遠慮なくチャドルを無視し、マンジョン(チョン・ボソク)が知ったらこの事をどう処理するかと言いながらチャンミにクドクド言う。
シネ(イ・ミスク)もやはり、自分を信じてほしいというチャドルの言葉を煩わしがる。
ヨンファ(チャン・ミヒ)は社交会に出て行き、子供のいない自分に関して人々がコソコソ言うのを聞いて自尊心を傷つけられる。
「第4話」
お前にこんなことをした奴は誰なんだ!!
マンジョン(チョン・ボソク)は、チャンミ(ハン・ソンファ)の妊娠に理性を失い、クムジャ(イム・イェジン)とチャンミに誰の子供なのか恐ろしい程に追及する。クムジャはチャドル(イ・ジャンウ)の子供であることを直感し、チャドルを訪ねて行って頬を殴り飛ばしてシネ(イ・ミスク)の美容室まで訪ねて行って乱暴を働く。
ヨングク(パク・サンウォン)は自分を尾行し、一挙手一投足を写真に収めている怪しげな気配を感じ、疑わしい男を捕まえて追及するのだが・・・
「第5話」
その話が全て事実?赤ちゃんができたって?
マンジョン(チョン・ボソク)はチャドル(イ・ジャンウ)の家に踏み込み、チャドルを殴り飛ばして一騒動を起こす。シネ(イ・ミスク)はチャンミ(ハン・ソンファ)の妊娠の知らせに途方に暮れ、子供たちを静かに別れさせようとクムジャ(イム・イェジン)が丁寧に願うとため息だけがあふれる。
もう家には帰らないと踏ん張るチャンミにチャドルは結婚して子供を産もうと言い、各自両親を説得することにする。
「第6話」
僕はどうせお母さんの息子じゃないじゃない!
事故により応急室に連れられて行き、ようやく気がついたチャドル(イ・ジャンウ)は常に側にいるから頑張れというチャンミ(ハン・ソンファ)に心を癒される。クムジャ(イム・イェジン)はチャドルとチャンミのことを許してほしいというスリョン(キム・ミンソ)の言葉に驚いて飛び上がる。
一方、シネ(イ・ミスク)は家を飛び出したチャドルの行方が分からず気が焦り、ガンテ(ハン・ジウン)とセラ(ユン・アジョン)にも普段通りチャドルに接して欲しいと言い聞かせる。
「第7話」
私と生きるの生きないの
チャドル(イ・ジャンウ)はチャンミ(ハン・ソンファ)と子供のためにアルバイトを転々として金を稼ぐが、チャンミと共に生きられる喜びに、大変だとも思わなかった。パンシル(キム・ヨンオク)の勧めた席に引っ張られて行ったスリョン(キム・ミンソ)はジェドン(チェ・フィリップ)に会うが心ここにあらずで、あいにくその場でガンテ(ハン・ジサン)に会ってしまい慌てる。
ヨンファ(チャン・ミヒ)はヨングク(パク・サンウォン)に、今まで頑張って大きくした会社を継ぐ子供がいなければならないと言い、子供を作れと言う。
「第8話」
私はなぜオッパのことを好きだったのか悔やまれる
チャドル(イ・ジャンウ)はシネ(イ・ミスク)にもらった店の保証金でチャンミ(ハン・ソンファ)が買った物を全て払い戻ししてしまい、お金をシネに返してこれ以上世話にはなりたくないと言う。シネは親子間でどうして負い目を感じるのかと大泣きする。
ヨンファ(チャン・ミヒ)が自分に向かって駆け寄る子供を夢に見た後、自分が産んだ子をどこに埋めたのかと尋ねるとピルスン(パン・ヒョジョン)は度肝を抜かれる。