韓国ドラマ-ホテルキング-あらすじ-詳細-19話~32話(最終回)-11.8%の最終回視聴率!登場人物、主演キャストはイ・ドンウク、イ・ダヘ。日本語字幕動画、相関図はオフィシャルサイトにて!


「ホテルキング」
「第19話」
誰も信じるなと言ったじゃない!
自分の解雇が信じられないモネ(イ・ダヘ)は直ちに緊急株主総会を開催するが誰も来ない。ジェワン(イ・ドンウク)は孤軍奮闘するモネの姿に胸が痛み..
ミニョ(キム・ヘスク)は新しい会長に就任し、モネは‘ホテルシーエル’を離れる。ジェワンはチェギョン(ワン・ジヘ)に助けてほしいと要請するが….
一方、ロ・モンリー(チン・テヒョン)は…
「第20話」
そのまま 知らんぷりしてくれない?
チェギョン(ワン・ジヘ)はミニョ(キム・ヘスク)の裏調査をしている間に興味深い事実を発見し、ジェワン(このドンウク)は記者を利用し、ア会長の自殺事件当時のミニョの行方をつかむ。
ロ・モンリー(チン・テヒョン)はジェワンに“母を刺激するな”と警告し、ジュング(イ・ドクファ)はひそかにロ・モンリーに接近するのだが..
一方、ジェワンはミニョの計略にハマったモネを助けようとするが、モネの反応は冷たかった。
「第21話」
チャ・ジェワン…失敗したなら死んで..
モネ(イ・ダヘ)はロ・モンリー(チン・テヒョン)がジェワン(イ・ドンウク)暴行事件に関与していると考え、ミニョ(キム・ヘスク)の家をめちゃくちゃにする。ミニョはそんなロ・モンリーに失望感を表わす…
ジェワン(イ・ドンウク)はモネにア会長殺人事件の犯人がミニョだという事実を明らかにし、ジュング(イ・ドクファ)はもう一度ロ・モンリーに接近する。
一方、‘ホテルシーエル’を訪ねたパワーブロガーたちは集団食中毒の症状を見せる。
「第22話」
総支配人を処理して下さらなければなりません。
ロ・モンリー(チン・テヒョン)は少しずつミニョが見慣れない姿になったと感じ始め、ミニョはジュング(イ・ドクファ)を圧迫し、早くジェワンを消せと指示する。
モネ(イ・ダヘ)はジェワン(イ・ドンウク)と共に、ホテル売却を防ぐための計画を立て始め、ジュングはジェワンに彼の本当の名前を教える。
一方、ミニョとジェワンは昔のミヨンの家で会うことになるのだが…
「第23話」
一緒に死ななければ
ジュング(イ・ドクファ)はミヨンの昔の家でミヨン(キム・ヘスク)の姿を見つけると混乱し、ジェワン(イ・ドンウク)は‘ペク・ミヨン’の正体を明らかにするためにジュンソン(アレックス)に裏調査をお願いする。
チェギョン(ワン・ジヘ)はモネ(イ・ダヘ)をVIPパーティーメイドと呼び、侮辱し屈辱を与える。モネのために駆け付けたジェワンの姿にチェギョンはまた自尊心を傷つけられ…
一方、ジェワンは隠されたア会長(チェ・ソンフン)の日記帳1冊を見つけ出す。
「第24話」
私たちの前で 良いことをたくさんしなければ
ジェワン(イ・ドンウク)がジュング(イ・ドクファ)の息子であるとの事実がホテルに広がり、職員は衝撃に包まれる。ミニョ(キム・ヘスク)は死んだ息子、ヒョヌが生きていると思い混乱する…
モネ(イ・ダヘ)はミニョがジェワンとのスキャンダルを悪用しようとすると、皆が見ている前で‘公開恋愛’を宣言する。
一方、ウォーターパーク売却を進めようとしていたミニョの計画がジェワンによって遮られ、ジェワンはロ・モンリー(チン・テヒョン)の韓国名を知ることになるのだが…
「第25話」
泥仕合、互いに狂ったように噛みちぎらねば
ミニョ(キム・ヘスク)はジュング(イ・ドクファ)を社宅から追い出し、モネ(イ・ダヘ)はロ・モンリー(チン・テヒョン)の正体を知ることになる。
一方、ミニョはホテル内の職員を対象としてリストラを実施し、スアン(コン・ヒョンジュ)はジュンソン(アレックス)が自分たちを裏切ったことを直感する… モネはミニョの部屋から昔のミヨンの写真を発見する。
「第26話」
一生愛し 守るから
モネ(イ・ダヘ)はジェワン(イ・ドンウク)と‘小さなシーエル’で切ないデートをする。ただミニョ(キム・ヘスク)の破滅を望む彼の姿をモネはただ痛ましく見つめる…
ジェワンとロ・モンリーはミニョの会長解任のために動き、ミニョは‘ホテルシーエル’の不渡り手続きに突入する。
一方、ジェワンの通報によりミニョは警察に逮捕される。
「第27話」
ひとまず母から… 私が直接やる
ジェワン(イ・ドンウク)はミニョ(キム・ヘスク)が自分の母だということに大きなショックを受け、モネ(イ・ダヘ)はそんなジェワンを助けるためにチェギョン(ワン・ジヘ)を訪ねて行く。
ミニョは面会に来たジェワンにとても冷たく接し、ジェワンはロ・モンリー(チン・テヒョン)に飛行機のチケットを渡し、ミニョと離れろと言う。
「第28話」
あなたは本当に私の息子なの?
ミニョ(キム・ヘスク)はモネ(イ・ダヘ)にア会長(チェ・ソンフン)が残した最後の日記帳1冊を渡し、ジェワン(イ・ドンウク)のためにジュング(イ・ドクファ)に会うことにする。ロ・モンリー(チン・テヒョン)はアメリカに旅立つための準備を始めるのだが..
一方、ジュングは突然変わったミニョの態度に疑いを抱き、ウヒョン(イムスロン)はミニョとウヒョンの母(パク・ヨンジ)が作成した建物売買契約書を偶然見ることになる
「第29話」
お母さん 少しだけ待って差し上げよう…
‘ホテルシーエル’の理事たちは、ミニョ(キム・ヘスク)がいない間に新しい会長の推薦に関してジュング(イ・ドクファ)に接近する。その間ジェワン(イ・ドンウク)はモネ(イ・ダヘ)を新しい会長として前に出す計画を立てるが…
ジュハン(チン・テヒョン)はミモ(キム・ヘスク)の便りを伝え聞くとショックに包まれ、ジュングはミニョともう一度会う。一方、ホテル監査室職員は監査対象としてジェワンに目を付ける。
「第30話」
総支配人がどうしてここにくることになったのか…
ジェワン(イ・ドンウク)はジュング(イ・ドクファ)とレイ・キム(チェ・ソンミン)が一緒にいる姿を見て怒りがこみ上げる。ホテル内ではジュングの計略によりジェワンの過去が一つ一つ明らかになり、ジェワンは公開監査を通して職員の前に立つ。
一方、モネ(イ・ダヘ)はア会長(チェ・ソンフン)殺害事件の転末を知ることになり、ジュハン(チン・テヒョン)はジュングの蛮行に耐えることができず彼に会いに行くのだが…
「第31話」
絶対私には勝てない…!
ジェワン(イ・ドンウク)はジュング(イ・ドクファ)が進行中だったミニョ(キム・ヘスク)の株式譲渡作業の指示をする。ジュハン(チン・テヒョン)は大きな決心をしてミニョに別れのあいさつをする..
一方、モネは再び‘ホテルシーエル’会長の座に復帰し、ジェワンはホテルを離れる。
「第32話」(最終回)
私が総支配人 チャ・ジェワンです
モネ(イ・ダヘ)はトップスターチェウォンの結婚式のためにあちこちで努力するが簡単ではなく、結局ジェワンを訪ねて行く。ジェワンは“ホテルにまた戻ってほしい”というモネの頼みに揺れるのだが..
一方、‘ホテルシーエル’に、モネとジェワンの結婚説が広がり、ジュハン(チン・テヒョン)は再びジェワンの側につく。