韓国ドラマ-吹けよ、ミプン(美風)-あらすじ-詳細-11話~16話-朝鮮戦争により運命を翻弄された家族、、、。キャストはソン・ホジュン、イム・ジョンなど。最終回までお届け。DVD動画を見る前に、相関図、ラベルをご覧ください。


「吹けよ、ミプン(美風」
「第11話」
公募に当選したって、その半分は私のおかげじゃないの
ヨンエ(イ・イルファ)に会ったシネ(オ・ジウン)は逃げ出し、ヨンエはシネを見逃してしまう。ミプン(イム・ジヨン)はロゴ公募で当選し、ジャンゴ(ソン・ホジュン)はそんなミプンを祝う。一方、チャンス(チャン・セヒョン)はフィラ(ファン・ボラ)なしには生きられないと感じフィラの家へと向かうのだが…
「第12話」
姻戚で結ばれる運命なのか..
チョンジャ(イ・フィヒャン)はフィラ(ファン・ボラ)と会っている男がチャンス(チャン・セヒョン)であるという事実を知り、怒って会えないようにするが、フィラはチャンスと一緒に聖堂で口約束をする。
一方、ジャンゴ(ソン・ホジュン)は偶然、後輩のハヨン(ハン・ヘリン)と会い、その様子を見ていたミプンは気にするのだが…
「第13話」
一度だけでいいから会いたい
裁判が終わったジャンゴ(ソン・ホジュン)はミプン(イム・ジヨン)の会社を訪ねて行き彼女と共に楽しい時間を過ごし、チョンジャ(イ・フィヒャン)と会ったフィラ(ファン・ボラ)はチャンス(チャン・セヒョン)と結婚することを伝える。
一方、ミプンは道に迷っていたトクチョン(ピョン・ヒボン)を助けることになるのだが..
「第14話」
キム・ミプンの兄にあたります
シネ(イム・スヒャン)はヒドン(ハン・ジュワン)の母がチョンジャ(イ・フィヒャン)であるという事実を知り、チョンジャに意図的に接近する。チョンジャとクムシル(クム・ボラ)は相変らずフィラ(ファン・ボラ)とチャンス(チャン・セヒョン)の仲を裂こうとし、ヒドンはフィラの前でチャンスと乱闘劇を行う。
一方、ジャンゴ(ソン・ホジュン)はミプン(イム・ジヨン)の会社で、自分をミプンの兄だと紹介するのだが…
「第15話」
ミプンに何が起きたのですか?
ミプン(イム・ジヨン)とトクチョン(ピョン・ヒボン)は偶然再会してお互いの連絡先を交換することになる。ハヨン(ハン・ヘリン)はジャンゴの家に挨拶をしに行き、ミプンはそんな二人を見て心を痛める。
一方、ジャンゴはミプンが失踪したという話を聞いて急いで出て行き…
「第16話」
ミプンさん、ひょっとしてジャンゴ先輩のことが好きなんですか?
シネ(イム・スヒャン)は母の遺品であるリングを探そうと水に飛び込み、ヒドン(ハン・ジュワン)はシネを守りたいという思いを強くする。ハヨン(ハン・ヘリン)はミプン(イム・ジヨン)にジャンゴ(ソン・ホジュン)のことが好きなのかと尋ねる。
一方ミプンはジャンゴが好きなのかというヨンエ(イ・イルファ)の問いにそうだと答える。