韓国ドラマ-吹けよ、ミプン(美風)-あらすじ-詳細-17話~21話-朝鮮戦争により運命を翻弄された家族、、、。キャストはソン・ホジュン、イム・ジョンなど。最終回までお届け。DVD動画を見る前に、相関図、ラベルをご覧ください。


「吹けよ、ミプン(美風」
「第17話」
シネさんとの結婚を考えています。。!!
ヒドン(ハン・ジュワン)がシネ(イム・スヒャン)と結婚まで考えていると言い、チョンジャ(イ・フィヒャン)はシネと会いヒドンと別れるよう言う。 ジャンゴ(ソン・ホジュン)はミプン(イム・ジヨン)を訪ねてきたソンシク(チェ・フィリップ)と会い、ミプンはハヨン(ハン・ヘリン)とジャンゴが一緒にいるところを見ることになるのだが…
「第18話」
兄さんはなぜこんなことをするの? 金輪際あなたは兄さんなんかじゃない。
ヒドン(ハン・ジュワン)はシネ(イム・スヒョン)と結婚すると宣言する。いよいよシネは白いドレスを着て新しい人生の始まりを迎えるのだが…
一方、ミプン(イム・ジヨン)は本部長の秘書として発令を受けることになる。
二人の姿を見たジャンゴ(ソン・ホジュン)は怒りに襲われ、自分でもその理由が分からず…
「第19話」
黄金の頼みの綱を、一つまともに捕まえたものだな…!
ヨンエ(イ・イルファ)はヒドン(ハン・ジュワン)の新婦が他でもないシネ(イム・スヒョン)であることを知る。ヨンエとミプン(イム・ジヨン)がシネとまたもや再会し…
一方、ミプンの会社ではミプンと本部長が不適切な関係だという噂が広まる。その噂を聞いたジャンゴ(ソン・ホジュン)は再びミプンを引っ張り出すのだが…
「第20話」
キム・ミプンはどこにでも関係している
ハヨン(ハン・ヘリン)はどこに行ってもミプン(イム・ジヨン)が目について苛立つ。本部長(チェ・フィリップ)はミプンに求愛し続け、ジャンゴ(ソン・ホジュン)はミプンを見つめて涙を流す。
一方、シネ(イム・スヒョン)に新たな客が訪ねてくるのだが…
「第21話」
ジャンゴがハヨンと留学に行き、ミプンと本部長が結婚する…?
シネ(イム・スヒョン)は何があってもこの’黄金の頼みの綱’を手放さず人生を生きようと堅く誓う。ハヨン(ハン・ヘリン)とジャンゴ(ソン・ホジュン)は婚約をする状況となり、ミプン(イム・ジヨン)は、本部長(チェ・フィリップ)と共に将来の計画を経てることになる。
ミプンはジャンゴに自分は大丈夫だから留学に行くようにと言うが、果たしてジャンゴの返事とは…?