韓国ドラマ-吹けよ、ミプン(美風)-あらすじ-詳細-45話~50話(最終回)-朝鮮戦争により運命を翻弄された家族、、、。キャストはソン・ホジュン、イム・ジョンなど。最終回までお届け。DVD動画を見る前に、相関図、ラベルをご覧ください。


「吹けよ、ミプン(美風」
「第45話」
これってどういうことなの?
ジャンゴ(ソン・ホジュン)は知らない女と親しそうに話しミプン(イム・ジヨン)の嫉妬心を誘発し、テフン(ハン・カプス)はヨンエ(イ・イルファ)を思い出し、ついに二人は再会する。
一方、トクチョン(ピョン・ヒボン)はテフンに向かった信愛(イムス向け)の悪行を目撃してしまうけれど…
「第46話」
ダルホ、今すぐ家に帰ってきなさい!
クムシル(クム・ボラ)はジャンゴ(ソン・ホジュン)に友達の娘を紹介する。トクチョン(ピョン・ヒボン)はシネ(イム・スヒョン)の秘密資金の内容が納められた書類を受け取り酷く怒る。
一方ヒドン(ハン・ジュワン)はシネの秘密を知ることになるのだが…
「第47話」
ヒドンさんを心から愛していたことは真実です..!
チョンジャ(イ・フィヒャン)はシネ(イム・スヒャン)に、すぐに家から出て行けというがシネは折れない。シネはテフン(ハン・カプス)を部屋に閉じ込めてトクチョン(ピョン・ヒボン)と会えないよう防ぐ。
一方ミプン(イム・ジヨン)は父を見つけたいという切実な気持ちから、ホームショッピング放送に臨むのだが…
「第48話」
死んだ人に、そんな話をしてどうするの?
シネ(イム・スヒョン)はジャンゴ(ソン・ホジュン)が自分の秘密資金内訳を文書で報告したという事実を知ってジャンゴを解雇する。クムシル(クム・ボラ)はミプン(イム・ジヨン)の店に行って横暴を働きジャンゴと離婚しろと言う。
一方シネはテフン(ハン・カプス)に毒舌を浴びせかけるのだが…
「第49話」
何ですって..? お爺さんの目が覚めたって..?
自分のせいでヒドン(ハン・ジュワン)が家を出て行ったのだと思ったユジンは手紙を置いて家を出て、ミプン(イム・ジヨン)は取り立て業者に追われてアルバイトをする。
一方、シネ(イム・スヒョン)はトクチョン(ピョン・ヒボン)が目覚めたという噂を聞いて驚くのだが…
「第50話」(最終回)
会長があなたのお爺さんなのでは?
ミプン(イム・ジヨン)が本当の孫娘であるという事実を知ることになったトクチョン(ピョン・ヒボン)はミプンを探し回るが交錯するばかりだ。ミプンと家族は取り立て業者により地方のナイトクラブへと引きずられて行く。
一方、トクチョンは私設探偵を付けてシネ(イム・スヒャン)を尾行するのだが…