韓国ドラマ-復活-あらすじ-詳細-11話~13話-キャストはオム・テウン、ハン・ジミンなど。フジテレビ(BSフジ)でも過去放送。主題歌、OSTラベルも人気のストーリー。ネタバレ注意!相関図はオフィシャルサイトにてチェック!


「復活」
「第11話」
ウナ、ハウンのハミングを聞いてひょっとしてという期待感を持ち追いかけて行くけれど…一方、ガンジェに20年前の建設部職員の自殺事件を調べてみろとの二番目のメッセージが届く。ハウンがドンチャンを疑っていることを知るようになったガンジュ、ドンチャンを訪ねて行くけれど。ジェスは会社に訪ねて行ってハウンに会おうとするが拒絶される。一歩遅れて屋台を訪れたハウン、酔っ払ったジェスを連れて行くことになる。久しぶりに居間で向かい合って座ったハウンとウナ、ぎこちない時間が流れる。チョン社長はテジュンの私生子ヒスを見つけ、詐欺疑惑で告訴されていたところを解く。ドンチャンはサングクにスターホテル経営権を得るための圧力を加え、ミジョンもホテルに対する欲を表わす。スチョル、キョン班長が入院した病院の受付職員にハウンの写真を見せて入院費を渡した人の顔を確認する。ガンジュは20年前の建設部の事件を受け持った刑事がハウンの父、ゴンであったことを知ることになるけれど..
「第12話」
キョン班長の病室を訪ねたガンジュは、ユ・ゴンハの死が事故なのかどうか分からないとの話を聞くことになり、テジュンに会って過去の建設部同僚職員の名前を尋ねる。ハウンの言葉と行動に疑問を持ったスチョルはハウンの正体を追及し、ハウンは兄との約束を守ることが出来なかったスチョルを恨んで厳しい忠告を与える。ウナのことで酷く傷心だったジンウはウナの愛する人はすでに死んだ人だということを知るようになり、清々しい思いでウナを訪ねて行くが..一方、テジュンの私生子ヒスは自分を詐欺疑惑から解放したハウンに会って驚くべき提案を受けることになるのだが。インチョルの家に招待を受けたウナはハウンを見つめて混乱する思いを取り除けない。送ると言うハウンにカッと怒って背を向ける。一方、ガンジュは以前とは違う見慣れぬハウンの様子になぜか分からない憐憫を感じるようになる。コンベンションセンター総会で正面対立したジンウとハウン。予測できない緊張感が流れる中、ハウンはウナに直接デザイン説明を指示することになる..
「第13話」
ハウンの後を尾行したスチョル。ハウンはスチョルを許すことができない。ガンジュはヤン・マンチョルの面会に来た人がキョン班長だという事実を知ることになるのだが。一方ライオンファンドのスティーブン・リに変身したヒス。スターホテルスイートルームに起居してテジュンに姿を表わし始める。江陵コンベンションセンターを挟んで激しい競争を行ったムルン建設とJ&C。ジンウのロビに対抗したハウンの努力により最終審査で同点となる。再審を控えたハウンとジンウ、竹を割ったような評価委員カン課長の心をとらえるため、再度の勝負を競うことになる。 ガンジュの粘り強い取材を負担に感じたテジュン。報道局長に会ってガンジュを他の部署に移してほしいと要請する。テジュンの頼みにより先輩からある言葉を聞くことになったガンジュ。ジェスの屋台で酔う程に酒を飲む。 ガンジュが酔うとウナはハウンに電話をかける。ガンジュが流した書類の中にヤン・マンチョルの写真を見つけたジェス。ガンジュにヤン・マンチョルが20年前ハウンを任せて行った人だという事実を伝えるのだが..