韓国ドラマ-復活-あらすじ-詳細-16話~18話-キャストはオム・テウン、ハン・ジミンなど。フジテレビ(BSフジ)でも過去放送。主題歌、OSTラベルも人気のストーリー。ネタバレ注意!相関図はオフィシャルサイトにてチェック!


「復活」
「第16話」
ガンジュの誕生日に集まった四人。始終一貫ウナを配慮するジンウを見て複雑な気持ちになるハウン。ジンウと緊張の視線を絡ませる。一方、サングクは差出人のいない疑問の手紙を受け取り、ドンチャンが差し出したものだとし不届きだと感じる。ドンチャンは手紙を送った人は他でもないパク・サンチョルであることを確信し、彼を捕えるために神経を尖らせる。 ガンジュは事件の巻き添え人がサングクの会社と関連していたことを捕捉し、隠された真実があると言いテジュンを緊張させる。一方、ハウンは自分の身分が明らかになる危機の瞬間に秘書ジェフンの助けを受け無事に免れ、ジェフンに信頼を感じる。ヒスに会ったテジュンはパイプライン施工にムルンを推薦することになり、この事実を知ることになったサングクは心境が穏やかではなくテジュンに残念さを表わす。一方、ガンジュはハウンに自らの思いを告白して突然キスをし..
「第17話」
キョン班長の病室でハウンの写真を見たイファ、カンヒョクの死を知って衝撃で倒れる。スチョルはニセの洋酒を流通した疑惑でドンチャンの事務室を捜索するのだが。キョン班長の手帳を見つけられずドンチャンを解き、サンチョルが国内にいることを教える。ジンウはひそかに秘書にソ・ハウン刑事殺害事件について詳しく調べるよう言う。カンヒョクとシニョクの誕生日。イファはワカメスープとギョーザを準備しシニョクの墓を訪ねて行って嗚咽する。ウナを連れて行く途中、涙を堪えることが出来なかったハウン、声を上げて泣く。 ウナはそんなハウンを抱きこむ。ガンジュはインチョルの家の前でハウンがウナを乗せて行くのを見ることになり、ウナを待っていたジンウもやはり二人を見ることになる。一方チョン社長とヒスはそれぞれミチョンとテジュンにスターホテルと天然ガスパイプライン工事事件を計画通り進行させていく。局長から、20年前の建設部職員不正調査を引き受けたのがテジュンだったということを知ったガンジュはその場で凍りつく。キョン班長を訪ねてきたハウン。キョン班長の指先が微細に動くのを見るのだが..
「第18話」
ガンジュが20年前の建設部不正調査を担当した人がテジュンであることを知るようになり、テジュンはガンジュがこれ以上取材できないよう対策を講じることにする。キョン班長がかろうじて意識を取り戻すとすぐにドンチャンを意識したハウンはスチョルに身辺保護をお願いする。サングクはヒスに事業に持分を持って参加する意向を明らかにし、意欲を見せるが、チョン社長が証券市場に流したスターホテルに関する悪質なデマに困る。テジュンもまたヒスに資源開発工事の席を斡旋し事業に深く関与することになる。ハウンが出したミン・スヨンを探しているとの新聞広告を見て茫然とする。ウナに会ったジンウ、シニョク(ハウン)からこれ以上カンヒョクを探さない、ウナを待つという意志を表わすが、ウナはハウンは死なずに胸の中でいつも生きていると拒絶の意を伝える。一方、インチョルはハウンと杯を傾け、コナに関する長い間の劣等感を話し合うことになって..