韓国ドラマ-復活-あらすじ-詳細-22話~24話(最終回)-キャストはオム・テウン、ハン・ジミンなど。フジテレビ(BSフジ)でも過去放送。主題歌、OSTラベルも人気のストーリー。ネタバレ注意!相関図はオフィシャルサイトにてチェック!


「復活」
「第22話」
ハウンのアジトを見て驚いたウナ。全て忘れて昔に戻ろうと言うのだがハウンは信じて待ってくれと言う。第3の存在を疑ったサングクとテジュン、写真と手紙を受けて恐れに震える。悪化した資金事情に危機を感じたジンウ。ドンチャンにこれ以上父を脅迫するなと警告する。ドンチャンはサングクの恥部を流して威嚇する。この通知を受けたミチョンはチョン社長の提案を受け入れてジンウの秘書を買収する..キョン班長は復帰する意思を明らかにし、ヤン・マンチョル夫人に会ってドンチャンが脅迫した事実を証言するようお願いし、ドンチャンの継兄がインチョルの秘書チョンインであることを確認する..イファはシニョク(ハウン)がカンヒョクだという事実を知り、衝撃に包まれる。二人の兄弟が会ったことを確認したインチョルもまたハウンを調べ、ハウンの実体を知り残念に思う。一方、自身を告訴しようとしていた事業主がテジュンの要請を受けていたとの事実を知ることになったガンジュはヒスがミン・スヨンの息子だという事実を知ることになり..サンチョルに会ったハウン、江陵に父を誘引しろとの指示をした人がインチョルだという事実を知ることになるけれど..
「第23話」
サンチョルを通してインチョルの存在を知るようになったハウン。混乱の中ウナに会って慰めを得る。ヒスは老母からミン・スヨンが母だという事実を聞くことになる… ハウンとチョン社長は急いで出国することを勧めるが、ヒスは母を見つける時間をくれと言う。ミチョンはサングクのロビ内訳が収められたUSBメモリーをチョン社長に渡す。ヤン・マンチョル夫人はキョン班長を訪ねてドンチャンが送った脅迫手紙を差し出す。スティーブン・リがヒスであったことを知ったガンジュ、ヒスが本当に息子なのか尋ねるためにテジュンを訪ねて行く。 一方本当のライオンファンドのスティーブン・リがサングクとテジュンの前に現れる…イム・デシクが通っていた聖堂の神父からイム・デシクが死ぬ前に残した手紙を受け取ったハウン。手紙の中の一節の意味を考え、聖堂でまた一通の手紙を発見することになるのだが..手紙の内容を確認したハウンは..
「第24話」(最終回)
不正を隠し、イファをものにするためにコナを殺したと告白するインチョル、ハウンにイファとシン・ヨンイルのために全てを隠して離れろと話す。サンチョルに捕まったドンチャン。インチョルが自分を殺せと言ったという事実に歯ぎしりする。インチョルの背信を知った兄チョンインはイファを訪ねて行ってインチョルの正体を明らかにし、イファはインチョルが夫とシニョクを殺したという事実を知ることになる..ハウンが新聞社にすべての資料を渡すと、テジュンとサングクの詐欺が世の中に知れわたることになる..海外に出国しようとしていたヒスは結局自身がテジュンの息子であることを知るようになる。怒りと恨みを抱いてテジュンに会ったヒス。テジュンはヒスの存在を知らなかったと話すがヒスの思いは極端に走る。インチョル、イファ、テジュン、サングク、ヒス..堪えられぬ状況に陥った彼らは徐々に破滅へと駆け上がることになるのだが..