韓国ドラマ-復活-あらすじ-詳細-4話~6話-キャストはオム・テウン、ハン・ジミンなど。フジテレビ(BSフジ)でも過去放送。主題歌、OSTラベルも人気のストーリー。ネタバレ注意!相関図はオフィシャルサイトにてチェック!


「復活」
「第4話」
死んだとばかり思っていたコナ先輩の息子カンヒョクがまさにハウンであることを知るようになったキョン班長は興奮と喜びを隠せぬままハウンに会うため急いでソウルに向かう。しかし、すでに事件の深刻性を感知していたドンチャン一党がキョン班長を尾行し、致命的なテロを敢行するに至る。また、テジュンとサングクからこれ以上ヤン・マンチョルが口を開けないようにしろとの指示を受けたドンチャン一党は、家族をエサにヤン・マンチョルに恥知らずな脅迫も行う。一方、ウナがムルン建設に合格したとの便りに皆が喜んだのも束の間、ハウンに対しあらゆる汚らわしい罪目で逮捕令状が発給されるに至る。このすべてがドンチャンと関連していることを直感したハウンはウナの引き止めにもかかわらず、事件の鍵を握っているヤン・マンチョルに会うため江原道に行こうと決心する。キョン班長が大切にしてきた20年前の捜査日誌を手に固く握って..
「第5話」
寃罪を被り逃亡者となったハウン(オム・テウン)。失った過去の中に、双子の弟シニョクの存在を知ることになる。二人はドンチャン一党の威嚇をかいくぐって20年ぶりの再会を果たす。しかしその喜びも束の間。 ドンチャン一党を避けて別れることになるのだった。その間、スチョル(コ・ミョンファン)はドンチャンの脅迫に勝つことができずハウンと会おうと試みる。一方キョン班長の事故の主犯という汚名まで被ることになったハウン。ジェスとウナ(ハン・ジミン)の苦しみはさらに深まる。結局ウナはハウンとの通話記録を追って江陵にハウンを探しに出る。 思い出の灯台で会ったハウンとウナ。切ない愛をもう一度確認し、気の向かない別れをすることになるけれど。 疑いの輪を解くことができないガンジュ。キョン班長の事故と共に不正警察に関連した隠密な捜査に神経を尖らせる。隠れ場でまた出会ったハウンとシニョク。20年間の積もり積もった話を自然に交わすこともできぬまま、ハウンがしばらく席を外した間、シニョクはドンチャン一党と会うことになるけれど…
「第6話」
闇の中で冷たくなった弟シニョクの死骸を抱きしめたまま、手のほどこしようもないほどの苦痛と悲しみで嗚咽するハウン。シニョクの服に着替えたハウンの目は冷たく光る。自分のすべての身分を捨て、弟シニョクとして復活し20年も待った兄弟の出会いを水の泡にした彼らに向かって復讐を誓う。一方、シニョクの死体をハウンだと思ったジェスとウナは衝撃と悲しみに包まれる。スチョルはハウンの居場所をドンチャン一党に教えた罪悪感に苦しむ。ハウンの葬式は不正警察だとの烙印を押され静かに行われる。想像もしなかったハウンの死により、サングクとテジュンは緊張するが、ドンチャンの失敗を問責し、キレイに後処理するよう指示する。不吉な予感に包まれて病気になったイファの心配を後にし、シニョクに変貌したハウンは短い休暇を言い訳に弟シニョクが持っていたすべての情報を習得し始めるけれど..