韓国ドラマ-火の女神ジョンイ-あらすじ-詳細-24話~32話-ラベル、キャスト相関図はDVDにて。二ケタ視聴率!動画はYouTubeにて!


「火の女神ジョンイ」
「第24話」
「私が一つずつ叩き潰していく!」
ジョンはすべての事実を理解し、ガンジョンを滅亡へ導くための手段に思いを巡らせる。そんなジョンを助けようと決めるテド。
分院で顔を合わせた光海とジョンは、歯痒い思いでお互いを見つめる。
ジョンはガンジョンの賄賂の証拠を残す帳簿を確かめると、インビンの気を引く決意を固める。
ソン行首を処断することに決めたファリョンは…
「第25話」
「ナンチョンオルンももうじきだ」
宮でインビンと面会を果たしたジョンは、ガンジョンとユクドにも会う。ウルダムを大罪人と発言するソンジョに、ジョンは神経を尖らせる。
ジョンとテドは協力し、ガンジョンを罠にはめる手筈を整える。
ジョンはかつてソン行首に贈った器を、光海から返却される。
新城君の湯薬器を完成させたら、ジョンを陶工として任命してほしいとインビンはソンジョに訴えるが…
「第26話」
「ビョンス様、必ずや勝利を!」
分院の人々はジョンとユクドの競合に関心を集め、ナンチャンの座を狙うチャンスにユクドは喜びを隠しきれない。
競合に使用する白土がほしいとジョンはファリョンにお願いし、ファリョンは必ずジョンに勝つようにとユクドを応援するのだった。
湯薬の器が完成し、新城君の采配を緊張した面持ちで待つジョンとユクド。しかし、湯薬を入れて飲んだ新城君が突然倒れて…
「第27話」
「貴方だけです!」
ジョンはウルダムについての真実を語ってほしいとガンジョンに訴えるが、ガンジョンは虚偽の自白を重ねるだけなので、ついに頭にくるジョン。
かつてのナンチョン争いの時のことまで明らかにしてみせると、光海はソンジョンに告げる。
だが、ユクドに斬首刑執行命令が下される。宮の前でガンジョンは号泣し、土下座で謝罪するが…
「第28話」
「朝鮮初の女陶工!」
ムン・サスンがナンチョンの座に収まり、ジョンは朝鮮最初の女陶工になる。
光海は陶工匠服を纏ったジョンを満足気に見つめ、ウルダムが使っていた工房を与える。
ガンジョンとユクドは分院にいさせてほしいとムン・サスンにお願いする。
外国商人の要請でファリョンはジョンを呼び出し…
「第29話」
「ユ・ジョンを殺せ!」
護衛武士をジョンの側に配置し、ジョンを守ろうとする光海。
ムン・サスンは顔料が足りなくなると、ファリョンを訪ねて調達しようとする。
ガンジョンの計画を察知したジョンが事前に試したので、難を逃れたムン・サスンは無事に進呈する茶器を完成させる。
ガンジョンは怒った挙句、マプンにジョンを殺せと指示する。
「第30話」
「イ・ガンジョン、その人こそ私の父」
ジョンはマプンから全てのことを聞き、ムン・サスンの前で号泣する。その衝撃の事実にムン・サスンも驚く。
ガンジョンの拘束を少しだけ待ってくれるよう、ジョンは光海にお願いする。
訪ねてきたジョンに対し、ガンジョンは自分の血縁はユクドだけだと言い放ち、ジョンは崩れ落ちる。
謝罪するからウルダムの墓に来いと、ガンジョンに言われてジョンは…
「第31話」
「テドお兄様!」
商団からファリョンの部下の後をつけたテドは、ジョンがいる窯を見つける。テドは軍が通り過ぎる隙を見て、ジョンを連れ出して一緒に逃げる。
ガンジョンが自分の父であるという事実に納得できないジョンは、ガンジョンに辛くあたる。
気持ちを切り換えたジョンは再びロクロに集中し、完成した器をソンジョに進呈するのだが…
「第32話」
「陛下のお側にいたい」
分院が倭軍に抑留される中、光海に会うため分院を抜け出そうとしたジョンはガンジョンに捉えられてしまう。
ユクドはムン・サスンから真実を聞かされて、悩んだもののジョンを解放する。
倭軍を破ることを信じて分院に戻って待つと、ジョンは光海に言うが…