韓国ドラマ-火の鳥-あらすじ-詳細-1話~3話-イウンジュを出演者に迎えた感動作。動画、主題歌・挿入歌・ラベルはOSTをチェック!最終話までお届けレビュー、ネタバレあり。


「火の鳥」
「第1話」
楽しく外車を乗り回していたジウンはちょっと油断した隙にガソリンスタンドに突進し、ガソリンスタンドの事務室に突っ込んだジウンは慌ててしまいどうしてよいか分からなくなる。ちょうどガソリンスタンドの事務室にいたセフンは幸いひどいケガはしておらず、運転席にいるジウンを見るが、ジウンは逆にセフンの好意を無視して傍若無人に対応する。
ジウンは友達ヒヨンの婚約の報せと、皮肉りに興奮してヒヨンの婚約式に恋人を連れて行くと言い大声を張り上げる。すぐにボーイフレンドを作らなければならないジウンはセフンのカバンを口実にセフンにボーイフレンドのフリをして欲しいと願いする。
婚約式会場で皆の目を引きつけながら登場したジウンは、セフンの細やかな配慮に少し感動し、ついにセフンに正式に付き合って欲しいと言うのだが…
「第2話」
セフンはジウンとの現実的な壁を実感して別れを決意する。ジウンはセフンを思いとどまらせようと努力するが容易ではなかった。ジウンは予想される両親の深刻な反対を克服し、揺れ動くセフンの心を捕えるための方法として妊娠しようと考える。結局ジウンはセフンを説得、二人だけで済州島旅行に出発することになり、当初のジウンの意図通り済州の別荘で二人は関係を持つことになる。
この事実を知ったイ・サンボム(ジウンの父)とチョ・ヒョンスク(ジウンの母)が済州の別荘に押しかけ二人の関係を目撃する。
以後ジウンは留学に行くことになり、セフンは再び以前の生活に戻る。アメリカ留学中だったジウンはセフンの子供を妊娠したという事実を知って帰国する。結局セフンとジウンは家族に祝福されずに2人だけの結婚式を挙げ、セフンの屋根裏部屋で新婚生活を始める。しかし喜びも束の間、余りにも違う生活環境に適応できないジウンと毎日疲れ果てて行くセフンの葛藤は深まるばかりだった。
「第3話」
病院から退院したジウンは父(イ・サンボム)の誕生日を理由にセフンの屋根裏部屋から出て実家へ向かい、容易ではない二人の愛はそれぞれ違う方向へ走り始める。
ジウンは両親の経済的助けを必要とするが、セフンの自尊心がそれを許さない。セフンはもう少しだけ耐えて欲しいとジウンに請う。しかし、ジウンは別れを切り出しセフンを一人残したまま背を向ける。セフンはジウンを愛する代償として受けなければならなかった苦痛と傷、そして怒りを後にし留学の準備をする。
セフンがアメリカに発つという知らせを受けたジウンは半分気が抜けた状態で家を飛び出し、イ・サンボムはそんなジウンの後を追う。空港へ向かう道、ジウンを止めようとしていたイ・サンボムがジウンの目の前で事故に遭い…