韓国ドラマ-火の鳥-あらすじ-詳細-11話~13話-イウンジュを出演者に迎えた感動作。動画、主題歌・挿入歌・ラベルはOSTをチェック!最終話までお届けレビュー、ネタバレあり。


「火の鳥」
「第11話」
ジウンとセフンの関係を知るようになったジョンミンは思いとは裏腹にジウンにとても冷たく接する。これを見ていたセフンはジョンミンに怒りを感じる。
セフンとジウンが漢江の水辺で一緒にいる様子を見ていたミランは湧き上がる怒りを抑えることができない。ミランのセフンに対する執着と疑いは勢いを増す。しかし、セフンはミランへの責任感と憐憫を捨てることができない。
一方ミランは感電事故で麻痺した足の感覚を取り戻すことになる。
リハビリ治療を始めたミランはセフンにこの事実を徹底して隠す。
ジョンミンはジウンを訪ねて行って率直な心情を話し、二人はより一層近づく。しかし、ジウンが離婚女だという事実を知ることになったソ・ムンス会長はジョンミンには内緒でジウンに会い別れを促す。
「第12話」
ソ・ムンス会長の言葉に傷ついたジウンはジョンミンを振り払い一人で家へ向かう。ジョンミンが余りにも手に余る相手だということを悟ったジウンはジョンミンを遠ざけようとする。ジウンがソリンに初めて出勤した日からセフンとジョンミンの対決は表面化し二人は事ごとに対立する。
密かにリハビリ治療に集中していたミランは自力で立ち上がることができるほどに回復する。セフンはミランが人をつかって自分を尾行しているという事実を知ることになる。しかし、ミランの父の積極的な介入によりミランは危機を免れることになる。
ジウンが遠ざかろうとする程、ジョンミンはジウンへの思いを湧き立たせるのだった。
しかし、ジウンの心はジョンミンの事を少しずつ整理するように見えて…
「第13話」
食事の準備真っ最中のミラン。リハビリ治療の効果により足に力がみなぎってきたミランは料理をし、ついに立つことに成功する。ミランとの夕食を控えプレゼントを持って訪ねて行ったセフンはミランの姿を目撃して驚く。事実を知らぬふりをしてセフンはミランを試すがミランは上手に嘘をつく。
ジョンミンはセフンが活躍した記事のスクラップを見て嫉妬心を隠すことができない。事務室から出たジョンミンはジウンは会うが、冷たくしてしまうジョンミンだった。
重い気分でセフンはジウンを訪ねて行く。過去のことに捕われて考え抜く二人。ジウンはセフンと父の死の繋がりを思い出しつつ心が傾いて行かないよう押しとどめる。
一方、セフンはミランの策略によりローズマン社との契約が難航する。物が販売される前に偽物が出回ってしまい、セフンは危機に面する。この事態を知ったジウンはセフンを心配して気が重くなるのだった..