韓国ドラマ-火の鳥-あらすじ-詳細-24話~26話(最終回)-イウンジュを出演者に迎えた感動作。動画、主題歌・挿入歌・ラベルはOSTをチェック!最終話までお届けレビュー、ネタバレあり。


「火の鳥」
「第24話」
セフンが提示した録音機に慌てたジョンミンは、最後の手段としてジウンを拉致しセフンに電話をかけ脅迫する。結局セフンが録音機を譲り渡し、ジウンは解放される。
セフンはソ会長とジョンミンがあらかじめ準備しておいた罠に陥り、横領と為替管理法違反により検察に緊急逮捕される。セフンが逮捕される姿を見守ったジウンは、ジョンミンを訪ねて行ってセフンが受けている疑惑を晴らして欲しいとお願いする。
ソ会長の後ろにいた政治家が賄賂を受け取っていたという疑惑で検察に召還される。結局捜査がソ・ムンス会長にまで及び、ソ会長とジョンミンが検察に緊急逮捕されるのだが…
「第25話」
車の中で酒を飲んだジョンミンは道路を疾走する。ジョンミンの車が恐ろしい程の速度で道路を走って行くのを目撃したセフン。セフンは不吉な予感がしてジョンミンの車を遮り、ジョンミンの自殺の企みは失敗する。
一連の事件によりすっからかんになってしまったセフンの元をミランが訪ねてくる。ミランはジェイリバー(セフンの会社)の持分を全て戻すと言いジウンとの決別を求める。セフンは一喝し、ミランとはすでに終わったのだから帰れと言う。ミランはジウンにも同じ提案をし、ジウンが就職できないように工作を整える。
悩みの末にジウンはミランを訪ねて行き、セフンを助けて欲しいとお願いする。ミランの前に跪き、自分を救けて欲しいとお願いしているジウンを見たセフンは、抑えきれない程の怒りを押さえ込みジウンを連れて背を向ける。そんな二人を見守ったミランはついに理性を失い取り返しがつかないことをするのだが….
「第26話」(最終回)
ウェディングドレスを着て寂しげに座っていたミランはセフンの写真を胸に抱いたまま薬とワインを飲む。悔恨に溢れたミランのメッセージを見たジウンとセフンは急いで向かうがすでにミランは微笑を浮かべたまま死んでいた。ミランの葬儀を行った後、セフンはミランのことを思い胸が張り裂けそうになる。ミランと過ごした幸せだった時の事、苦しかった時の事などが思い出されて様々な考えに浸る。
ミランの墓の前で偶然会ったジウンとセフン。二人は分別なく過ごした過去を思い虚しさを感じる。愛しているからと言って、全てのことが可能になるわけではないようだと言い互いに背を向けた二人の目じりは赤く染まる・・・