韓国ドラマ-火の鳥-あらすじ-詳細-4話~5話-イウンジュを出演者に迎えた感動作。動画、主題歌・挿入歌・ラベルはOSTをチェック!最終話までお届けレビュー、ネタバレあり。


「火の鳥」
「第4話」
10年の月日が流れた後、ジウンはヘルパーとして仕事をしており、母チョ・ヒョンスクと妹ヨンウンの生活の責任を負わなければならない状態となっていた。妹ヨンウンを訪ねて行ったルームサロンでソリングループの後継者ジョンミンと初めて会うことになる。
セフンはお金がなくて貧しい学生ではなく、成功した男となってソリングループの専門経営者としてスカウトされ帰国する。ジウンの顧客の誕生日パーティ会場、セフンはエプロンをつけたヘルパーとなったジウンを発見して複雑な思いで背を向ける。
パーティ会場でジウンと再会したジョンミンはジウンに好感を感じて接近する。しかし、ジウンは終わりが見えているような場所には行かないのが賢明だと考え努めて冷たく接する。
デパートの売り場で顧客から依頼されたものを買ったジウンは車椅子に乗ったミランと会うことになり…
「第5話」
セフンの婚約者としてミランを紹介されたジウンはショックを受け、セフンもまた複雑さを隠すことができない。席を共にした三人、ジウンは親し気なセフンとミランの姿に当惑する。ジウンはセフンとの短かい記憶を想い浮かべ、寂しい気持ちになる。一方、セフンはミランが再び歩くことは困難だとの主治医の言葉に、再び事故当時のことを思い出し心苦しくなる。セフンを訪ねて来たホジンは、ミランの過激な態度に厳しい忠告を与えセフンの結婚を止めようとする。
ジウンを訪ねて行ったジョンミンは一緒に競馬場へ向かう。ジウンは久しぶりに苦しい現実を忘れてジョンミンとの楽しい時間を過ごす。しかし、その瞬間にもセフンとの思い出を探している自分を感じる。ミランの父から別荘を買うため済州島を訪ねたセフン。何も知らないミランは自分の別荘をジウンにも貸したと言いながらワイワイ騒いでいる。反面セフンはジウンとの思い出がいっぱいの別荘を見回して苦笑する。一方、ジウンはポッチャにセフンとの再会を話そうとするが、ヨジンの妨害により結局話もできなかった。
ミランから済州島の別荘にセフンと一緒にいるという電話を受け、複雑で苦しい思いになるジウン。しかし分別のない母の不平に再び現実を思い知らされる。
ホテルのプールでジョンミンと会ったセフンは、ジョンミンは只者ではないと感じる。ポッチャは初出勤し会社を見回していたセフンに会って驚く。一方、ジウンは自分の新しい顧客がセフンであることを知ってあきれるのだが….