福寿草のキャストをご紹介します!
韓国ドラマ 福寿草あらすじや相関図、最終回結末までネタバレ注意!
キャスト(登場人物)はイ・ユリ、ヒョン・ウソン、ユン・アジョン、チョン・チャン


福寿草の豪華キャスト紹介!


福寿草-キャスト
イ・ユリ(ソル・ヨナ役)
現在の就職活動中。
お父さんが幼い時に亡くなり、経済面で大学卒業が、同じ年頃の人より遅れた。
植物学課を卒業したヨナの目標はジェイ化粧品開発室だ。
学生時代からヨナは化学成分が全く含まれない純粋自然成分の化粧品開発に関心があったし、
その夢を国内最高の化粧品会社”ジェイ化粧品”で広げたい。
なぜならばそこは”ユンジェ”が勤めている所であるためだ。
ヒョン・ウソン(ハ・ユンジェ役)
ジェイ化粧品会社の社長.
ユンジェの母は映画女優だった。
ユンジェが十二才の時、撮影中に事故で亡くなった。
そして少し後にミンジャが入ってきた。
母のコーディネーターであった彼女は父とまもなく婚姻届を出した。
なにかを企んで、裏表があるミンジャが大嫌いで、
ただの一度も笑わなかったし、彼女を疲れさすことができることならば何でもした。
ユン・アジョン(チェ・ユラ役)
未熟児に生まれてインキュベーターで二ヶ月を過ごし、
その後にも病気が多く、幼い頃は病院で生きてきたようなものだった。
そんな彼女を誠心誠意で育てた母が8才の時亡くなってユラは変わる。
祖母と父は以前よりさらにユラに愛を注いでいたが、
やはり母の代わりにはどうしてもなれなかった。
それだけユラにとって母親の存在は子供ながらに大きかった。
チョン・チャン(チェ・ガンウク役)
とても幼い時から外国で暮らしていた。
愛する母親と離れて暮らす理由は多くの歳月が流れたことで理解することができた。
母親が大企業の会長奥方であったため最高級住宅で生きて、
最高の名門私立学校を通ったがいつもむなしさが彼を支配した。
その一方で母もそうゆう立場上、裏では大変な時間を過ごしたんだろうと
母親を想う、中深い息子だった。
苦難を早く体験してその時ごとに自らの力で耐え抜いた勲章のようなものであろうか。
おとなになった彼は芸術家のような気質に微笑と余裕を持った楽天家になった。
ミン・ジヒョン(ソル・スエ役)
25歳、ヨナの妹
三才の時、煉炭ガス事故に遭い、知的水準が6才程度のまま。
母ギョンスクの再婚と死亡、姉さんの投獄. 一連の事件の隠された目撃者でもある。
彼女の純粋さはヨナはもちろん自身を拉致して監禁したテイルまで変化させる。
シム・ウンジン(ハ・ユ二役)
ユンジェの妹
金持ちの家の娘でかわいがられてきたが、実母の死と新母との葛藤のために内面は孤独でつらかった。
そんな自分を暖かく支えてくれたテイルを愛していた。
会社に入社したヨナの可能性に支援してくれる。
テイルとの結婚を反対する兄ユンジェとケンカし、
夜道を歩いているところをユラが運転する車にはねられ死亡する。
カン・ソクチョン(キム・テイル役)
孤児院で育った。 幼い時、夜道をさまよっていると、ユンジェと出会い、ユ二と知り合った。
ユ二が大企業の娘という事実に率直でなかった。
ユ二が自身の子供を身ごもったまま交通事故で死んで、
その加害者がユンジェの恋人ヨナという事実により一層怒る。
ガンウクの力を頼り、自身とユ二の結婚を反対したユンジェを破滅させようとする。
韓国ドラマ-福寿草-概要
《福寿草》は2012年2月27日から2012年8月30日までtvNで毎週月曜日~木曜日午前9時45分に放映された連続ドラマだ。
製作は文化放送系列会社であるMBC C&Iで専門担当して、現在フォックス ライフ チャネルで毎週月~金午前9時45分に放送している。
悪女によって罪をかぶりながら愛する男を奪われて全てのものを失った1人の女性の復讐劇。