韓国ドラマ-福寿草-あらすじ-ネタバレ-101話〜104話
韓国ドラマ 福寿草あらすじやの相関図、最終回結末までネタバレ注意!
キャスト(登場人物)はイ・ユリ、ヒョン・ウソン、ユン・アジョン、チョン・チャン


福寿草-101話
ユンジェは、テヤンの誕生日にテヤンのお墓を訪れていた
ヨナの姿を見つけ、
ヨナと自分の間に息子がいたことを知った。
その息子がユラの度重なる悪事のひとつで
亡くなっていたことを知ると、
今だかつてないほどに激高する。
一方、ユラの父インソクとセハン党一派は、
自分たちの権力が失わないためにも、
ヨナがマスコミで全てを暴露しようと着々と事を進めていることを知り、
権力を使って世に出ないように動くのだった。
福寿草-102話
ユンジェがユラを詰め寄ると、
ユラはテヤンを命を絶ってはいなかった。
ユラは勝手にテヤンを養子に出していた。
それを聞いたユンジェは怒りに震える。
ユラの手を無理矢理引き、テヤンがいた養護施設を訪ねたユンジェ。
テヤンの行方をどうゆう風に消したのか、と激しく詰め寄ると、
テヤンと入れ替えられた子供の名前がイ・ジュンヒョクということが分かり、
今、テヤンは、ジュンヒョクとして生きていると知る。
そしてそのテヤン(ジュンヒョク)はもうちょうど今頃、
イギリスへ旅発ってしまうと聞いた。
それを聞いたユンジェは、テヤンを取り返すべく、
テヤンにとにかく会いたいという気持ちから、
急いで空港に車を走らせる。
一方ヨナは、テレビ局や国会議事堂前で
テレビ番組で事件を暴露するのを認めてもらうため、
デモを起こしていた。

福寿草-103話

ユンジェはユラが
大金を寄付していた子供の正体が
自分とヨナの間で産まれた子供テヤンであることが分かり、
イギリスへ行ってしまうテヤンを取り返しに空港へ急いだ。
しかし、ユンジェがたどり着く一足先に、
パク刑事が到着してしまう。
パク刑事は無理矢理、養母とテヤンを連れだし、ユラの元へ。
ユンジェからテヤンが生きているという連絡を受けたヨナは
会いたい一心でとにかく空港へ向かう。
そうするとヨナは、
ユラがテヤンを連れている姿を目撃した。
ヨナがこちらを見ていることに気付いたユラは、
テヤンといっしょに連れ出した養母を強く掴まえながら
ヨナの携帯にかけてきた。
福寿草-104話
ユラが携帯にかけてきて、
マスコミを使って世間に暴露するのをやめ、
そしてその証拠品を手渡せ、そしたらテヤンを返す
とヨナに伝えてきた。
ユラは、携帯の電源を消し、テヤンを連れその場から消えた。
ヨナがテヤンを連れ戻そうと拉致してる場所に着いた。
テヤンもユラの姿はなく、テヤンの養母しかいなかった。
ヨナはテヤンの養母らの情報から、テヤンが拉致された場所を発見した。
しかしその建物は火事になっていて…