韓国ドラマ-福寿草-あらすじ-ネタバレ-13話〜16話
韓国ドラマ 福寿草あらすじやの相関図、最終回結末までネタバレ注意!
キャスト(登場人物)はイ・ユリ、ヒョン・ウソン、ユン・アジョン、チョン・チャン


福寿草-13話
会社で長い時間をかけ、準備した新製品の開発書をライバル社に流出しようとしたという
濡れ衣を着せられたヨナは結局ジェイ化粧品会社を追い出される。
憧れの会社にせっかく入社できたのに…
悔しいヨナは自分の無実を証明してくれる証拠、
防犯カメラに犯人が映ってるはず、とジェイ社に強く訴える。
それを聞いたユラは、すぐに業者に映像を編集させたのだった。
ヨナはユ二に、自分の無実を主張しながら事件当日の防犯カメラを確認してくれと懇懇する。
それを聞いたユラは、素早く自分の犯行が撮られている防犯カメラの映像を操作し、
隠滅したものをユ二に見せた。
映像を確認したユニは、ヨナに対する最後のごくわずかな信頼さえ失い、
ヨナに対する怒りがより一層増してしまうのだった。
一方, 今回の事件にはおかしな点が多いと感じていたガンウクは
防犯カメラを自分の目で確認すると、事件の真相を見抜いてしまう。
しかし、ユンジェの恋人であるヨナのために事実を明らかにする必要があるのかと迷う。
福寿草-14話
ライバル社の開発チーム長は、今回の事件を悪用し、
ジェイ化粧品を窮地に追いこもうと思い、
ユニに、ヨナとユンジェの関係を暴露しスキャンダルにすると脅すのだが…
一方、ユンジェの父は、後妻ミンジャの本性を知り激怒していた。
しかし、そのミンジェの本性をユンジェらに伝えようと思うが、息絶えてしまう。
容態は非常に悪化していたのだった。
事件の尻拭いをしていたユンジェとユニは、父の最後に会えなかった…
それもあってユニは、父であるハ会長の葬儀に訪れたヨナに対し、
より一層の怒りを向ける。
ヨナは真犯人を見つけることだけを心に決めていたのだった。
福寿草-15話
父を陥れ、とうとう本性を現した義母ミンジャに、
ユンジェは不信感を抱いていた。
そんな中、ユニの妊娠が発覚。
ユニは困惑気味のまま、恋人テイルに電話を掛けたが…。
ヨナのせいで、時間をかけて開発した新製品発売がなくなり、
父である会長の最後にもに会うことができなかったと思うユ二の怒りは
日に日に大きくなっていく。
ヨナは、自分の無実を証明する唯一の方法と考え、
防犯カメラの原本を手に入れるため、同僚のコ代理を説得するのだった。
一方, ユンジェは父であるハ会長が亡くなり、チョ女史が介入していることを感じとる。
これを証明されると自分の身が危ないとチョ女史は脅威に感じる。
しかしチョ女史は意に介さず、ガンウクを会社の全面に立てて、
20余年間隠して来た野望を包み隠さず押し出していくのだった。

福寿草-16話

ヨナは自分の無実を証明してくれる防犯カメラの原本を持ってユンジェとユ二がいる場所へ出発する。
それを知ったユラはユニの手にその防犯カメラの原本が渡らないように、
先回りしようとに車で猛スピードで追いかけるのであった。
一方ユニは、兄ユンジェに、ヨナと別れるように説得した上で、
自分はテイルと結婚すると言い出す。
ユンジェはヨナとのことだけでなく、
ユニとテイルの結婚の話を聞いて、
頭にきたユンジェは車からユニを降ろし、
目的の場所へと車を出してしまったのだった。
ユニは実は妊娠していた。
その事は一切知らずユンジェは頭ごなしに突き放し、
テイルとの結婚を認めてくれなかった。
ユニは雨の中、他の車に助けを求めていると、
なんと猛スピードを出していたユラの車にひかれてしまったのだった。
ユラはすぐさま逃げ出し、ひき逃げをしてしまった。
後からそこにヨナが来てしまい…