韓国ドラマ-福寿草-あらすじ-ネタバレ-5話〜8話
韓国ドラマ 福寿草あらすじやの相関図、最終回結末までネタバレ注意!
キャスト(登場人物)はイ・ユリ、ヒョン・ウソン、ユン・アジョン、チョン・チャン


福寿草-5話
ユラの嫌がらせにより、
最終面接者名簿にヨナの履歴書がなく荒てふためいていたヨナに
追い打ちをかけることが起きる。
なんと最終面接官であるジェイ化粧品の社長がユンジェだったのだ。
騙されたと傷つくヨナ。
ヨナにとって思った以上に大きな衝撃だったようで、
ユンジェに別れたいと伝えた。
ユンジェはヨナとの結婚への決意が固く、ヨナを絶対に失いたくない。
無理に両親に彼女を紹介をするものの、ヨナは拒絶した。
福寿草-6話
ユラはユンジェのプロポーズの相手を自分だと思っていたが、
その相手はヨナであることを知ってしまった。
ユンジェとヨナとの関係が分かるとユラは背信感、嫌悪感を伴い、
ヨナとユンジェのいるオフィスに向かう。
偶然にユンジェがヨナにプロポーズをする場面を目撃した、
ユラは逆上したのだった。
福寿草-7話
ユラはヨナに嫉妬し、ヨナとユンジェを陥れることを誓うのだった。
まずユラが行ったことは、ヨナを自分の家に住ませることだった。
ユンジェの妹ユニは、テイルとの関係を兄ユンジェに伝えるが、
ユンジェはかたくなにこれを反対し、関係を絶つように忠告した。
福寿草-8話
ジェイ化粧品開発室で配属になったヨナ
チーム長ユニから新製品アイディア開発をするよう業務指示を受ける。
最善をつくし、夜勤をしてまで、アイディア開発に集中するヨナを見て、
ユンジェは、ヨナのためにお弁当を用意してあげて、ヨナを感動させたのだが..
一方、ユラは、ヨナへの悪事がより一層ひどくなる。
ヨナがいない間に嫌がらせの準備をしたためていた。