韓国ドラマ-馬医のあらすじ-ネタバレ-45話〜48話-NHK-BSプレミアムで放送!最終回視聴率17.8%
どん底から医官として上り詰めたひとりの男の人生を描くドラマ。
その男を中心に、さまざまな人間の感情、欲望が渦巻く歴史医療エンターテイメント劇!


馬医-45話
クァンヒョンを囲んだ出生の秘密を知るようになったチニョン。
クァンヒョンの全てのものを奪ったという罪悪感にすべての事実を明らかにしようとする。
一方、対比の試料を(前任)専任することになったミョンファン。
試料日誌と薬剤出納など試料に対して口を閉じたまま試料を進めるけれど…
自分が身分の低いペク・ソックの娘であること、
クァンヒョンと身代わりになった結果、
自分は身分の高い暮らしをできたことなど、
全ての真相を知ったチニョン。
身分の低い扱いを自分の代わりに受けて来たクァンヒョンに
申し訳ない気持ちでいっぱいになる。
クァンヒョンはそれに対し、
チニョンのせいでは決してないし、自分から進んでそうして来たと
チニョンをかばう。
その頃、王の妻の王妃の容態が悪化し続けていた。
担当医に指名されたミョンファンは、
ごまかしながら、その場限りの治療しかできずにいた。
王は、これを疑問に思い、
独自で調査すると、ミョンファンの治療法が適切でないことが
分かってしまう。
王は、強制的にでもクァンヒョンに治療をさせれば良かったと後悔する。
そのことを王妃に伝えても、
クァンヒョンの外科手術を信用していない王妃はそれを頑なに拒否する。
チニョンは王妃がクァンヒョンを拒否していることを知ると、
自分の身分と身代わりになりながらも黙って生き抜いてきたことを世間に公表し、
王妃にクァンヒョンという人間を信頼してもらおうと考える。
それにより、
チニョン自身が身分の低い人間だったということが公にさらされても良いと、
自分を犠牲にするのだった。
馬医-46話
チニョンは王妃にクァンヒョンの手術を受けてもらうために、
世間に全てを公表した。
王も、一緒に働いていた医療施設の人間も、患者も、全て、
クァンヒョンとチニョンがすり替えられていたことを知る。
クァンヒョンがあの名医で高貴なドジュンの息子であることを知った王妃。
同時にミョンファンの悪行も知ることになり、王妃はミョンファンを調査させる。
そうすると王妃の治療法にも大きな問題があることが発覚。
とうとうミョンファンは捕縛されることに。
クァンヒョンの外科手術を受けることを決意した王妃。
クァンヒョンは死力を尽くし、無事手術を成功させる。
王はクァンヒョンに心から感謝を伝える、一方で、
ミョンファンに重い罰を与えることにする。
捕縛されるはずだったミョンファンは逃亡する。
そのミョンファンの前にチニョンが現れる。
遠くへ逃げる様、船を準備していたのだ。
ミョンファンはそれを知ると、心情に変化が起き、悔い改め始める。
馬医-47話
ミョンファンはチニョンの行動によって、
罪を悔い改め、自ら王の元へ出頭する。
そして、全ての悪事を告白したミョンファンは、
流刑の罰を科せられることに。
王はミョンファンの悪事に関わったすべての重臣を流刑にすると宣告した。
ミョンファンはまたもや逃亡する。
自分の陰謀のために命を絶ったドジュンの墓に向かった。
そして墓の前で、今までの後悔の念や謝罪、自らの思いを延べ、
命を絶った。
馬医-48話
チニョンの身分が問われ、身分制度を簡単に覆すことのできないこの時代、
やむをえず、地位を落とされてしまうチニョン。
チニョンは初めからそのつもりだったと納得していたが、
クァンヒョンは納得が行かず、
原因になっているペク・ソックの問題を調査する。
そしてその問題が、正しい行動だったと確信を掴んだクァンヒョンは、
その調査結果を王に伝え、チニョンの身分を戻してもらえるよう訴える。
ほかにもインジュや沢山の人の声も王に届き、
王は、ジニョンを良人の地位へと戻すことを承諾するのだった。
クァンヒョンは医療を研究し、
王妃を救ったことや、民間の患者を救ったことなど、
多大なる功績が認められ、官位を与えられる。
そんなクァンヒョンに早く身を固めろと王や王妃に急かされ、
王家の縁談を勧められる。
一方、チニョンはクァンヒョンをどうしてもあきらめられずにいた。