韓国ドラマ-町の弁護士チョ・ドゥルホ-あらすじ-詳細-8話~12話-やり手検事が告発により人生が一転。チョ・ドゥルホ演じるキャストはパク・シニャン。視聴率も好調で、ラベル、DVDも是非チェック!相関図はオフィシャルサイトにて。最終回までおとどけ!


「町の弁護士チョ・ドゥルホ」
「第8話」
ヒョジンの児童虐待の汚名を晴らすため、幼稚園に偽装就職するなど様々な努力をはらったドゥルホはいよいよ幼稚園の院長の素顔を目にすることとなる。
ドゥルホは自分のことをスーパーマンだと信じるスビンのため、そして幼稚園に預けられた子供たちのために、ヒョジンの無罪を証明して幼稚園の不正を告発しようとする。
しかし、真実を知っているソヨンとソヨンの母、幼稚園の教師たちは皆沈黙し、ドゥルホは彼らの心を動かそうとするのだが…
「第9話」
裁判が終わり、ソヨンの母はヒョジンのことを誤解していたと心からの謝罪をする。
一方、自分を騙したドゥルホに怒りが込み上げてきた院長は幼稚園を閉鎖し、クムサンを訪ねて行く。幼稚園が突然閉鎖され、子供を預ける場所がなくなってしまった父兄はドゥルホを恨み、ドゥルホが信じていた証人までもが突然態度を変える。 弱り目にたたり目で、裁判で明らかになったヒョジンの新事実にドゥルホはショックを受けるのだが..
「第10話」
酒に酔ったドゥルホはスビンに会いたくなりヘギョンの家へと向かう。ヘギョンはドゥルホの行動に困惑するがスビンが強く願ったため結局ドゥルホを泊まらせることになる。
翌朝、シヌもまた突然ヘギョンの家を訪ねてきたためヘギョンは急いでドゥルホを隠す。スビンの保育所に入ったドゥルホはそこで検察時代のヘギョン、ジウクと撮った一枚の写真を見つけて思い出に浸る。
ドゥルホとヘギョンの初めての出会い、結婚、スビンの誕生、そして離婚まで…過ぎた日々が走馬灯のようにドゥルホの脳裏をかすめる。
一方ウンジョは金を返すために密かにアルバイトを始めるのだが・・・
「第11話」
チョ・ドゥルホはユンギの手を握ってテファハウジングの屋上から飛び降りる。セミとウンジョは胸をなで下ろし、チョン会長は繰り返されるチョ・ドゥルホとの悪縁に歯ぎしりする。
一方、ユンギはチョ・ドゥルホにテファの不法下請けの不正と蛮行について打ち明けるのだが…
「第12話」
ミョンジュンの電話を受けて工事現場へと出て行ったドゥルホは事故に遭ってしまう。かろうじて一命を取り留めたドゥルホは昨晩の出来事は単純な事故でないと疑い、イ・ミョンジュンを探しに出かける。
一方ウンジョはユンギと共にDHビルの工事に参加した下請け企業を訪ねて行き、力になってほしいとお願いする。