韓国ドラマ-ルビーの指輪-あらすじ-最終回-感想あり
BS11では全62話で放送ですが、こちらでは韓国版の全93話で配信!
最終回の視聴率が21.8%と驚異的な数字をたたき出した超話題作!
事故をきっかけにうずまく欲望から顔と運命が入れ替わった姉妹が、
それぞれの秘密を守りながら壮絶な人生を生きる、もはやドラマの粋を超えた物語。
アメリカの映画「フェイス・オフ」にインスパイアされたとも言われる。


こんにちは!ショウコです!
またまたみなさんのご要望にお答えして最終回を先にアップします!
今回のドラマ「ルビーの指輪」は、
あのアメリカで生まれた超有名映画「フェイスオフ」の韓国版!とも言われているみたい。
私は「フェイスオフ」は好きな作品なので、かなーり楽しみ!
今までの韓国ドラマよりもスリリングで怖い所もありそう。。。
今回もまたとりあえず最終回から書くので、見たくない方は1話からご覧頂けると幸いです。
では見たい方だけどうぞ〜!!
「ルビーの指輪」
最終回
ルナの精神状態はもはや限界だった。
猛スピードで車を走らせるルナに、ルピは静止させようとするが、これを全く聞き入れない。
それどころか、ルナは、「私はルピだ」と口走る。
ルナはルピを降ろし、また猛スピードでその場を立ち去るのだった。
一方ジヒョクは徴兵されることが決まってしまう。
ジヒョクは招集される前にソヨンに会いに行き、結婚することを決めていた。
ソヨンはジヒョクからその意思を告げられると快諾し、両親に報告しに行った。
ルビが消えたとルナがギルジャに慌てて連絡する。
ギルジャはすぐさまその場に向かうと、ギョンミンからプレゼントされたルピのワンピースを着たルナがいた。
そしてルナは「ギョンミンさんのご両親に結婚の報告をしに行く。ルナは亡くなったでしょ?どうしたの?」
もはや記憶もあやふやで言ってることがおかしくなっている。
ギルジャは頭を抱えてむせび泣いた。
結局ルナは入院することになった。
ルナが入院し、年月がすぎた。。。
そこにはインスの姿が。どうやらインス以外、ルナの元に訪れる人間はいなかった。
ルナはインスに今までのことをあやまり、好きだったと伝える。
インスは韓国を発つつもりだったが、ルナへの気持ちがよみがえり、ルナから離れないことを決意した。
チョリムとドンパルが飲食店をオープンさせることになった。
ルナはギルジャに連絡し、私もオープン日に駆けつけるからルピ姉さんに迎えに来てと伝えて、と言った。
ギルジャは突然のルナの申し出に驚いたが、これを伝え聞いたルピは快諾した。
ルピはルナを迎えに行くと、ルナはルピに謝罪し、もうだいぶ良くなったと言った。
しかし、実は全く良くなっておらず、結局は外出しようとしたときに、医者と揉め、長期入院を強いられた。
ルピはルナのことを心に秘め、自分は自分らしく生きて行こうと仕事にはげんだ。
そしてギョンミンとともに幸せな人生を送るのだった。
今日の感想
なにやらルナがとんでもないことをおかしてそうですね…
先に最終回を書いたものの、余計にこれまでの話が気になりますよね!笑
ではではまたしっかり1話から書いて行きますので、読んでいただけたら幸いです!
では次回をお楽しみに〜!!