韓国ドラマ-ルビーの指輪-あらすじ-19話〜21話-感想あり
BS11では全62話で放送ですが、こちらでは韓国版の全93話で配信!
最終回の視聴率が21.8%と驚異的な数字をたたき出した超話題作!
事故をきっかけにうずまく欲望から顔と運命が入れ替わった姉妹が、
それぞれの秘密を守りながら壮絶な人生を生きる、もはやドラマの粋を超えた物語。
アメリカの映画「フェイス・オフ」にインスパイアされたとも言われる。


こんにちは!ショウコです!
ルビーとして好き放題やっているルナに、
ルナとしての人生を送るハメになってしまったけど、
記憶が戻っていないからその事実にまだ気付けていないルビー。
ルビーがこの事実を知ってしまうときがくるんだろうな〜><
「ルビーの指輪」
19話
なんでもできるルビーとは違って、
ルナは要領も悪い。
なのに、ギョンミンの会社で働く事に…
案の定、ルナなんだからしっかりと業務をこなせるはずもなく、
しかも責任感もないからすぐに諦めちゃう。
すぐにボロが出て、会社に大ダメージが、、、
それなのに、ルビーに成り済ましたルナは
この仕事をやりぬくなんて言い切っちゃいましたよ。
もともとできないんだから、
ルビーになりきったからってできるようになるはずもないのに。
20話
あまりのルビーの変わりようにさすがに不信感を抱いていたギョンミンは、
ついにルビーになりすましているルナ本人に質問をする。
以前の事故前のルビーと、
今の変わってしまったルビー。
本当の自分は??
でも、なんだかんだでギョンミンがルビーから離れて行かない所を見ると、
ルナとしてのルビーでもいいのかな、、、
それもそれでどうなの?!
って感じですが。
ギョンミンはいったいルビーのどこを好きだったのでしょうね。
なんだか悲しくなります。
21話
ルビーとギョンミン両家揃っての初めての会食。
お金持ちのギョンミンの家と違って、
素朴なルビーの家族はマナーなどのことで
ギョンミンの家族に嫌味を言われてしまう…
とうとうギョンミンはルビーの変化に我慢できなくなったみたい。
でも、やっぱり中身はルナだから、
ルビーのように穏やかに話し合う事ができない。
真実がバレたくない焦りと、怒りとでギョンミンに当たり散らすルビー。
ギョンミンは不信感でいっぱいだった。
そんなタイミングで偶然ルナに再会。
そう、そのルナこそがルビーなんだよ〜!!
そんな2人を見かけてしまったルビー。
このままではまたルビー本人にいいところを持って行かれてしまうと考える。
そこで必死にギョンミンの機嫌を取ろうと必死だが…
今日の感想
ルナはやっぱりルナでしかないんですよね。
ギョンミンはやっぱり心優しくて穏やかなルビーに惹かれていた事がわかって
個人的に嬉しくなりました^^
ギョンミンは今後、ルビーになりきっているルビーに対して
どうしていこうと思っているのでしょうか。。。