韓国ドラマ-ルビーの指輪-あらすじ-28話〜30話-感想あり
BS11では全62話で放送ですが、こちらでは韓国版の全93話で配信!
最終回の視聴率が21.8%と驚異的な数字をたたき出した超話題作!
事故をきっかけにうずまく欲望から顔と運命が入れ替わった姉妹が、
それぞれの秘密を守りながら壮絶な人生を生きる、もはやドラマの粋を超えた物語。
アメリカの映画「フェイス・オフ」にインスパイアされたとも言われる。


こんにちは!ショウコです!
インスに対してルビーが動き始めましたね。。
これによってルビーは自分の首を絞める事にはならないのかしら…
ルビーは気付いていないけど、
インスはルビーの秘密を知っているだけでなくて、
いろいろ情報を集めていましたからね。
このことがどう影響するのか…
気になりますね。
「ルビーの指輪」
28話
ヨノの悪巧みにはまったインスは疑いをかけられて呼び出される。
しかしヨノがインスにかけられるようにした疑いは、
ひとつだけではなかった。
インスは大丈夫なのかな??
でも勘のいいインスはルビーの事を勘ぐり始める。
そこでインスは今まで集めていた情報を公開しようかと思い始める。
ルビーはまさかインスがこんなものを準備していたなんて知りませんからね。
それにしても少し考えれば、
自分の重大な秘密を知っている
インスの機嫌を損ねない方がいいと思うのに、、、
29話
ルビーはインスのことをどうにかしなきゃと思うのだが、
逆効果なことしかできないみたいですね。
かといって、いまさら自分は本当のルビーではないなんて
言えるはずもない…
だったら、ルビーになりきるべきなのに
ルナのあたまの中にはそれすら思い浮かばなくなっていた。
せっかくルビーになりきれてルビーとしての
幸せな人生は手に入ったはずだったのに、、、
全てまた自分でぶちこわす方向でしかありませんよね。
30話
さて、ここからインスのルナへの仕返しが始まります。
いままで集めていた情報をルビーに公開。
なんで好きな女にそんなことができるのかと問いただそうとするが、
もはやインスだってこんなルナにはそんな気はない。
結局自分一人ではどうしようもなくなって、
ヨノのことを売ることになる。
今日の感想
ルナはどうしてこうも、不器用なんでしょうか…
自分で自分の首を絞めるようなことしかしていませんよね。
そりゃさすがのインスでも、
気持ちも冷めるし仕返しもしたくなります。
ルナは全てが自分の思い通りになるように勘違いしているけれど、
世の中そんなに甘くはありませんよね。