韓国ドラマ-ルビーの指輪-あらすじ-31話〜33話-感想あり
BS11では全62話で放送ですが、こちらでは韓国版の全93話で配信!
最終回の視聴率が21.8%と驚異的な数字をたたき出した超話題作!
事故をきっかけにうずまく欲望から顔と運命が入れ替わった姉妹が、
それぞれの秘密を守りながら壮絶な人生を生きる、もはやドラマの粋を超えた物語。
アメリカの映画「フェイス・オフ」にインスパイアされたとも言われる。


こんにちは!ショウコです!
とうとうインスの仕返しが始まりましたね。
ルナも、余計な事をしなければ
インスもあの情報を使う事はなかったかもしれないのに…
ルビーとして生きて行こうとしていたルナだったけど、
結局は本来のルナとしての生き方しかできないんですよね。
「ルビーの指輪」
31話
ヨノはルビーの言いなりですね。
ルビーのさらなる要求に応えようとしたヨノだったが、
まさかのインスに見つかってしまい、
とっさにインスに危害を加えてしまう、、、
病院に運ばれたインス。
しかしインスはすぐに病院から出て、
ルビーの元に向かう。
それはルビーをビックリさせるのと同時に、
ルビーを恐怖に陥らせるためだった。
32話
ルビーの職場にインスがいるのを発見する。
病院にいるはずのインスがルビーのところにいるので不振に思う。
インスはとっさにギョンミンに訪ねるのだが、
インスはあたりさわりのない言葉を言うが
ギョンミンはまだ疑っていた。
ルビーとインスの関係に何か不信感を抱き始めたギョンミンだったが、
何がというのがまったくわからないでいた。
33話
ギョンミンは、さすがにルビーのことをさすがに疑い始めていた。
ルビー大丈夫か!?
ルナはもっとルビーとして振る舞うべきでしたよね。
ルビーは仕事を勝手に決めてしまうのだが、
社長になんの相談もしていなかった。
これにはさすがに憤慨する社長。
ギョンミンの嫁とはいえ、
家族の間柄を乱すような行動をとるルビーに、
さすがにギョンミンの父親も我慢できなかった。
いままでのルビーなら、こんなことは絶対になかったはずだと
ギョンミンの父親もルビーの事を不振に思い始めていた。
今日の感想
ルナはこの期に及んでルナとしての自分でしか生きて行こうとしていませんね。
ギョンミンやギョンミンの父親に勘ぐられている事や、
インスの仕返しが始まっている事をもっと重くとらえるべきなのに
ルナは自分がいかに目立つかしか考えていないのでしょうね…