韓国ドラマ-ルビーの指輪-あらすじ-34話〜36話-感想あり
BS11では全62話で放送ですが、こちらでは韓国版の全93話で配信!
最終回の視聴率が21.8%と驚異的な数字をたたき出した超話題作!
事故をきっかけにうずまく欲望から顔と運命が入れ替わった姉妹が、
それぞれの秘密を守りながら壮絶な人生を生きる、もはやドラマの粋を超えた物語。
アメリカの映画「フェイス・オフ」にインスパイアされたとも言われる。


こんにちは!ショウコです!
ギョンミンはインスとルビーの関係?を勘ぐり始めましたね。
インスはこれに気付いているでしょうけども、
ルビーはわかっているのかな…
挙げ句の果てには、ギョンミンの父親までさすがに
ルビーの様子の変化に気付き始めましたからね。
ルナはこれからどうするつもりなのでしょうか??
「ルビーの指輪」
34話
ルビーの言動に我慢できなくなったギョンミンの父親は
ルビーのにキツく当たる。
ギョンミンもさすがに今回はいろいろと重なり、
ルビーのことを守る事はしなかった。
それでもルビーは、自分のした事を改めようとはしなかった。
むしろ、今よりも更なる野望を掲げている事をギョンミンに打ち明ける。
だが、ギョンミンはそれを聞いてさすがに呆れた。
そんな中、ギョンミンはルナのものを勝手に始末しようとしている
ルビーを目撃してしまう。
それをきっかけに、やはり何か違和感を感じていたのは
間違いではないはず、、、
と確信し始める。
その頃、インスはというとルナのことを本気で想うようになっていた。
もちろん本物のルビーの事だ。
もともとのルナには何の感情もなくなり、
ルビーに恋をしていたのだ。
35話
インスはルナになっているルビーに結婚を申し込む。
しかしその時、昔ギョンミンから求婚を受けていたルナはフラッシュバックを起こす。
でも、ギョンミンと結婚しようとしていたことや、
自分が本当はルビーだと言う事は思い出せない…
そんな自分ではインスと一緒にいても幸せになれないのでは?
インスにも悪いのでは?
と言う感情から、インスの結婚の申し込みをすぐに受け入れる事はできなかった。
ルナは自分の記憶を辿ろうとする。
インスから何か手がかりが見つかるかもと思ったルナは、
自分とインスの間には赤ちゃんができていた事を知る。
それはもちろん本物のルナにだ。
でも記憶のないルナは、自分が赤ちゃんを諦めてしまったのだと思い、
自己嫌悪に陥ってしまうのだった。
インスは全ての事実を知っているにもかかわらず、
ルナに再度結婚を申し込んで、ルナはそれを承諾してしまう…
36話
ルナとインスがパートナーになる事を知ったルビー。
衝撃を隠せなかった。
ルビーは本当に欲深い人間…
ルビーになりきってギョンミンと結婚したにもかかわらず、
インスの事もつなぎ止めておこうと考えていたのですね。
そんな威力はルビーにはないのに、、、
ルビーは、ルナがインスから受け取った贈り物を隠してしまう。
どこまで根性が曲がっているのでしょうか。
今日の感想
ルナはルビーの人生を乗っ取ったおかげで
さらに性格が曲がっていっている気がしますね…
そんな女性に男性が魅力を感じるはずはありませんよね。
ルビーの婚約者だったギョンミンを奪ったにもかかわらず、
インスがいなくなったらそっちも欲しいと思うのですから
もうどうしようもありませんね…