韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ-詳細-8話~12話-視聴率15.2%を記録し、月火ドラマ1位!ユ・アイン主演キャストの相関図はオフィシャルにて。最終回動画は必見!ネタバレ注意。


「六龍が飛ぶ」
「第8話」
全ての人を咸州へ送り込んだ首長として立ったチョン・ドジョンはイ・ソンゲに都堂3人衆を処分し新しい国を作ろうと提案する。バンウォンはチョン・ドジョンの提案は受け入れられないというイ・ソンゲに、チョ・ソセンを殺した過去の話を持ち出す。
一方チョン・ドジョンに会ったホン・インバンはイ・インギョムとチェ・ヨンを倒す時まで共に行こうというチョン・ドジョンの言葉に揺れて…
「第9話」
チョン・ドジョンはホン・インバンに会い、チェ・ヨンとイ・インギョムに対抗するためにはホン・インバンとキル・テミ、そしてイ・ソンゲが味方に付かなければならないと話す。ホン・インバンは安辺策についてもっと詳しく調べようと、チョンリョンをイ・ソンゲの元に送りこむ。
一方、成人して再会したタンセとヨンヒはお互いに気が付き涙を流し、密かに安辺策に印を押した事を知られたバンウォンは急いで開京へと発とうとするのだが…
「第10話」
都堂から出たバンウォンは、安辺策が通過したことをブニに伝える。今後の計画を尋ねるブニに対して安辺策撤回はあり得ないと安心させるが,この話を聞いたイ・ソンゲは安辺策を撤回してみせようとする。
一方チョン・ドジョンのアジトで会ったバンウォンとタンセは、チョン・ドジョンの平定ノ計について対立するようになり、タンセが無事だと知ったヨニはとても驚いて…
「第11話」
バンウォンは安辺策通過のためにホン・インバンと不法な闇取り引きをしたのではないかと疑惑をかけられ捕えられ、バンウは父であるイ・ソンゲに事実を知らせる。ホン・インバンを訪ねて行ったブニは自らの思いを伝え、ホン・インバンの助けにより密かにバンウォンと会う。
一方イ・インギョムはホン・インバンの筆体が収められている書札をイ・バンウォンの寝所に持ち込む計略を立てるが、チョン・ドジョンが書札を交換したのを見て慌て…
「第12話」
イ・インギョムは書札をすり替えた者としてチョン・ドジョンを疑い、ペク・ユ殺害の黒幕としてイ・ソンゲの名が出てきたら困ると考えバンウォンの推鞫は中止される。キル・テミは書札がタンセのものに似ていると思いタンセを訪ねて行く。
一方イ・ソンゲはバンウォンを救うためイ・インギョムに会いに行きバンウォンを解放してほしいとお願いし、チョン・ドジョンを訪ねて行って政治を行うことを宣言する…