韓国ドラマ-離婚弁護士は恋愛中-あらすじ-詳細-8話~12話-キャスト:チョ・ヨジョン、ヨン・ウジン。離婚専門法律事務所を舞台にしたラブコメ!視聴率も好調で最終回までネタバレあり!動画、挿入歌、相関図はオフィシャルサイトで。


「離婚弁護士は恋愛中」
「第8話」
動物農家の余波で離婚相談がひっきりなしに舞い込む<選択>、ジョンウは出産中の医療事故により四肢身体障害者になり、夫に養育権を奪われた依頼人の逆訴訟を引き受け、相手の弁護士がBFのポン・インジェであることを知る。この事実を知ったミンギュはチョッキの前でジョンウの心を傷つけ、ジョンウは必ず勝つと自信を見せるが心配が先んじる。
一方スアはジョンウにペパーミントキャンデー渡した女を見つける代わりに選択事務室を出ろと言うのだが…
「第9話」
不倫女だけで30人、韓国版カサノバ夫を挟んで依頼人が訪ねてきた! 姦通罪がなくなった後、家で不倫女と遠慮なくデートを楽しむなど傍若無人に振舞う男、ジョンウはチョッキにまで触れようとする男の姿に怒りを抑えることができない。一方チョッキを訪ねた疑惑の女性、離婚をさせてくれるならハン・ミリに関する情報をあげると提案した彼女の肩にはカバンがかかっており…
「第10話」
意図なく事務室の職員たちと旅行に行くことになったチョッキとジョンウ。虎視耽々と二人きりになるタイミングを狙う。おりしもジョンウの誕生日を知ることになったチョッキは3年前の’あのこと’を挽回しようとジョンウのためにワカメスープを作ると約束するが、ワカメスープのことで予想もできない状況が広がり慌てる。一方ミンギュはチョッキのためにハジョンに婚約破棄を伝えるが思い通りにはならず…
「第11話」
ミファはジョンウとチョッキの恋愛に反対していきり立ち、ついにスアが家を売ってロースクールの学費を払ったという事実を告白する。チョッキは昔の事を謝ろうとジョンウに内緒でミファの食堂を訪ねて行くが、心からの思いを伝える前に門前払いに遭い、その事実を知ったジョンウはすぐに食堂へと走って行く。
一方、ジョンウが依頼を受けた二人の夫を持つ脱北者の女の離婚訴訟で、最初の夫の弁護を引き受けることになったスアは依頼人に対し、ジョンウに片思いしてきた自分と同じにおいを感じるのだが…
「第12話」
一日三食、12種類のおかず!40年間、合計43800食!チョッキとジョンウ、ジョンスクは、夫の強要により家事労働の奴隷となった依頼人の証拠収集のために彼女の家を訪ね、王宮の食膳のような派手な食卓にもぶつぶつ言う夫の姿に呆れかえる。ドンサンは警察署でミファの消息を聞き急いで飛び出して行くが、ミンギュと会い、あいにくチョッキの知らないうちに世話になる。
一方チョッキはジョンウと共にいる度に、父とミファが交わしていた言葉が思い出されて混乱するのだが..