韓国ドラマ-我が家のハニーポット-あらすじ-詳細-97話~101話-30%以上の最高視聴率を記録!キャストにSecretのソン・ジウンなど。相関図はオフィシャルにて。最終回までネタバレ注意!動画DVDもチェック!


「我が家のハニーポット」
「第97話」
グッキ(チェ・ミョンキル)はすべての財産をはたいてプンギルダンが被る損害を賠償し、アラン(ソ・イアン)の罪を埋めようとする。グッキの良心により一日で家を失った家族は路頭に迷うことになる。ギルス(キム・ユソク)は、ボム(ソン・ジウン)を守る謎の勢力から圧迫を受け、アランはボムの研究が成功裏に行われているために自分の位置付けが狭くなるのではないかと気にするのだが….
「第98話」
ソニョン(チェ・スリン)はチョウォン酒屋で働くグッキ(チェ・ミョンキル)の惨めな姿を故意にチョンモ会の会員たちに見せる。ソニョンの言動がバレると、ミダル(ユ・ヘリ)は腹を立てグッキに代わってソニョンを追い出す。一方、ギルス(キム・ユソク)は事業ビジョン説明会中、自らの主導の下に新しく発売する予定だと発表した酒が小さな醸造会社の酒をマネしたものであることがバレ、すべての…
「第99話」
アラン(ソ・イアン)はグッキ(チェ・ミョンキル)を訪ねて行き、これまでの間違いについて許しを請うが、グッキはアランの心を信じることはできないと冷たく接する。グッキの酒を味わったテジュン(チェ・ジェソン)はグッキの能力を惜しみ、誰かにより住みかがバレたグッキはチョウォン酒屋まで訪ねてきた記者により苦しめられる。一方、ギルス(キム・ユソク)は懲戒委員会に回されたアランに、代わりに全ての責任を負うと言い安心させる…
「第100話」
ボム(ソン・ジウン)は特許出願をプンギルダンとグッキ(チェ・ミョンキル)の名前で出したという事実をアラン(ソ・イアン)に話す。ギルス(キム・ユソク)は社長としての力量を発揮できなくなっている状況に負担を感じ、グッキを訪ねて行って謝罪の意向を仄めかすが、グッキはキッパリとギルスを投げ出す。アランは自分には帰る場所がないと考え再びギルスの家に入る。ボムとマル(イ・ジェジュン)は結婚の許しを受ける…
「第101話」
突然マル(イ・ジェジュン)の前に現れたジェニ(チョン・ダソル)はプンギルダンマーケティングチームに合流し、ボム(ソン・ジウン)はそれが気になる。テジュン(チェ・ジェソン)はグッキ(チェ・ミョンキル)の酒を持って行きギルス(キム・ユソク)に、この酒を作った人をプンギルダンで働かせようと言いギルスを試す。一方、プンギルダンでは‘私たちの酒競演大会’が開かれ、ボムとマル、アラン(ソ・イアン)とテホ(キム・ミンス)は大会に出ることになるのだが…