韓国ドラマ-私の娘コンニム-あらすじ-詳細-125話~131話(最終回)-全話分!キャスト情報、感想、ネタバレなどあり!相関図、動画はDVDにて!


「私の娘コンニム」
125話
サンヒョクは辛そうに透析を受けるスネを見て、切なくなって涙を浮かべる。
そしてジェホと一緒に臓器移植の組織検査を受けることを決める。
コンニムにスネと父の話を話すべきかどうかためらっていたサンヒョクは、再びスネの容態が悪化したのを見て、コンニムにスネの病気の話を打ち明ける。
スネがいる病院に駆けつけて涙を流すコンニム。
そして、スネの介護のために休職願いを出す。
一方、先日受けた組織検査の結果が出てきたのだが…
126話
ジェホとサンヒョクは、スネと組織が合わないという結果を聞くと、落胆してしまう。
このまま居ても立ってもいられないコンニムは、組織検査しようとするが、子どものことを考えろとサンヒョクに言われて検査をあきらめる。
コンニムとサンヒョクがもめている姿を見たスネは、悲しくなってしまう。
ジェホは、そんなスネ、サンヒョク、コンニムを慰める。
スネを家病気のスネを1人にできないジェホは、自分の家に連れてきて面倒を見ようと決心するのだが…
127話
ジェホの家で一緒に暮らすことになったスネを皆温かく迎える。
サンヒョクはジェホに、スネとの結婚について、どういう意味があるのかを訪ねる。
ジェホは、意味のないことだと思うが、気にかかっている。
スネは組織が合う臓器提供者が現れ、近いうちに移植手術が受けられると希望を持ち始める。
一方、チョンマンについてきたヨンエは、ひき逃げ事件で両親を失った子供たちを見て、やっと自分の犯した罪の重さに気づいてショックを受ける。
128話
スネが臓器移植を受けることになっていた日に、突然、ドナーから臓器提供をやめてしまい、手術が中止になると皆落ち込んでしまう。
一方、交通事故で両親を失った子どもが何度も思い出されるヨンエは、食べ物を持って、また子供の家に向かう。
そしてスネに会いに行き、土下座して誠心誠意謝罪をした。
家に帰ってきたスネは、急に免疫力が落ちてしまい、危篤状態となる。
スネをなんとしてでも助けなければと切羽詰ったコンニムは組織検査を受けて、その結果が出てくるのだが..
129話
もしかしたらという気持ちで組織検査を受けたコンニムは、スネと組織が一致するという結果を受け取る。
しかし、赤ちゃんのために、スネに臓器提供をすることを即決できずにつらい思いをする。
ジェホはスネの看病に専念するため、サンヒョクを本部長に昇進させ、一線から退く。
サンヒョクとコンニムの希望でスネを説得してやっと質素な結婚式を挙げる。
一方、懲役を言い渡されたチェギョンは、それを淡々と受け止める。
130話
結婚式を終えたスネは、また倒れてしまい、透析を受ける。
コンニムは検査結果をスネに伝え、出産するまで何とか頑張ってほしいと伝える。
ジェホは提出した婚姻届をスネに見せながら指輪をはめてやり、2人は幸せになろうと誓った。
時が流れ、臨月を迎えたコンニムは、予定日よりも早く出産をした。
ICUに入っていたスネは、出産後のコンニムから臓器移植を受ける。
131話(最終回)
3年後、ヤン・スチョルリハビリセンターのオープンの日、チョンマンはコンニムとサンヒョクに感謝の気持ちを伝える。
そして、コンニムに作業療法室の室長になってくれないかとお願いする。
勉強を始めて卒業を目前に控えたコンニムは、副社長になったサンヒョク、そして息子ウンビョルと仲良く幸せな生活を続けていた。
江原道に引っ越したスネとジェホは、農業をしながら穏やかに暮らしていた。
ジュニョクとホンダンが新婚旅行から帰って来た日に皆が一堂に会して…