韓国ドラマ-私の娘コンニム-あらすじ-詳細-63話~73話-全話分!キャスト情報、感想、ネタバレなどあり!相関図、動画はDVDにて!


「私の娘コンニム」
63話
社長の座を降りるという爆弾宣言をしたジェホの決心に、スネだけでなくヘジンとムン婦人もショックを受ける。
ヘジンは酒に酔っ払ってスネを呼び出し、何がジェホのための愛なのかを話しながら二人は互角に神経戦を繰り広げる。
しかし、ジェホの決心を何とか変えたいスネは、とことん悩んだあげく、ムン婦人を訪ねていき、道を遮ってどうしても話したいことがあると伝える。
64話
ジェホが持っているものを守るため、ジェホのもとを去ることにしたスネは、何事もないかのように、普段どおりにジェホとデートをして楽しい時間を過ごす。
何も知らないまま、将来の幸せを約束するジェホの胸に抱かれ、スネの目には涙があふれる。
一方、ジェホがいないガランとした社長室に入ったヘジンはすべてを諦めてオーストラリアに行くことを決心する…
65話
ジェホはしばらく考える時間がほしいと言うスネの手を引いて、怒ったまま別荘に向かう。
スネは愛のために地位や財産など、すべてあきらめることはやめてほしいと告げる。
ジェホは、それぞれの居場所を守って、ゆっくり考えてみようと言う。
一方、サンヒョクは、足首をくじいてしまったコンニムが心配で、一緒に暮らしながら監視しなきゃならないと言う。
コンニムはそれをプロポーズだと思ったのだが…
66話
結婚の話にびっくりしたサンヒョクの姿を見たコンニムは慌ててサンヒョクの家を出て行く。
複雑な気持ちのサンヒョクは考えにふけり、コンニムは一人で先走ってばかなことをしたと、恥ずかしく思っていた。
会社に復帰することにしたジェホは、結婚をしても幸せじゃないと思うというサンヒョクの言葉が気にかかり、一緒に結婚について真剣に話し合うことにする。
67話
サンヒョクは、大切な人を養っていく自信がつくまで時間がほしいと話す。
ジェホは、ムン婦人にサンヒョクが好きな人なら反対しないでほしいと頼む。
そしてサンヒョクに、コンニムと彼女の母親と一緒に、正式に食事の席を設けるよう伝える。
一方、コンニムは病院でサポートしてくれる海外研修に申請を出し、サンヒョクはコンニムと離れなければならないと思うと、何も手につかないでいた。
68話
サンヒョクとコンニムの家族たちを招いて、顔合わせの席へ行こうとしていたスネだったが、ホンダンの母の事故の知らせに、急いで病院へ向かう。
残念がっていたムン婦人は、食事を終えた後に友人のお見舞いへ行くと、病院でスネを見かける。
ジェホのもとを去ったと思っていたスネが目の前に現れると再び不安に思い始める。
そのままジェホの元へ行き、スネとの関係は終わっているのかと確認をするのだが..
69話
結婚の約束をしたコンニムとサンヒョクは、両家の家族に正式にあいさつをして許しをもらうことにとする。
ムン婦人はコンニムの家柄や経歴が気になって院長を通じてコンニムに関する書類を見ることになるのだが、家族の欄にチャン・スネという名前を見つけて驚いた。
信じられない気持ちでスネの家の前まで行くと、ちょうどコンニムとスネが話している会話する姿を目撃し、ムン婦人は大きな衝撃を受ける。
70話
ムン婦人は挨拶をしにやってきたサンヒョクとコンニムに、良く慎重に考えてから決めようと言う。
突然変わってしまったムン婦人の行動に、困惑したコンニムは家を飛び出し、サンヒョクは急いでコンニムを追いかける。
この状況を理解できないジェホは、ムン婦人に腹を立てる。
一方、ムン婦人はコンニムを別で呼び出して、無駄に家を混乱させないでくれと頼む。1人残されたコンニムは惨めに感じていた..。
71話
祖母の反対に打ち勝つ自信がないコンニムは海外研修に行くことを決心する。
サンヒョクは逃げようとばかりするコンニムに腹が立っていた。
ジュニョクの検査結果を聞きに病院にやってきたジェホは、院長経由でムン婦人がコンニムを海外研修に行かせるよう手を回していたことを知って驚愕する。
怒ったままムン婦人のもとへやってきた行ったジェホは、子供のためのといういい訳はもう通用しないと、サンヒョクを結婚させると言い張る。
72話
サンヒョクの家で眠ってしまっているコンニムを見たムン婦人は、怒ってサンヒョクを𠮟りつけ、その声を聞いたコンニムは悲しくて涙する。
スネまでも、家族が反対する結婚は許さないと言って反対しはじめると、サンヒョクとコンニムは絶望的になった。
一方、ムン婦人の脅しで、院長はコンニムに海外研修に加えて、さらに長く勉強する機会をくれる後援者がいることを告げて、長期間の研修を勧める。
73話
ムン婦人を訪ねていったコンニムは、サンヒョクを好きになったきっかけは、愛情を込めて接してくれたムン婦人のためだったと、おばあちゃんの愛を受けてみたいと頼むが、ムン婦人は断固として許さず、コンニムを帰らせる。
帰っていくコンニムを見たジェホは、2人の愛を守ってやるから我慢して待っててほしいとなだめる。
コンニムの海外研修の決定の期限が近づくにつれ、コンニムを行かせたくないサンヒョクはスネを訪ねていき助けを求めるのだが..